【仮想通貨】リップル(XRP)爆上げ間近!?東南アジアのRippleNet展開を強化を発表!

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)に関するお役立ち情報、とくに海外FX業者の口座開設・入金ボーナスキャンペーンやキャッシュバック情報をまとめています。

サムドルフィン
リップル(XRP)といえば2020年末にsparkトークン配布で盛り上がってきたっと頃で米SECに訴訟を起こされたことで一時爆下げしましたが、2021年にはいって訴訟も和解にいくんじゃないかという雰囲気になってきてまた盛り返してきましたね。そして、ここにきて、東南アジアを中心に送金決済ネットワークを展開するTranglo社の株式の内、40%の取得に合意したことを明らかにし、フィリピン諸島など東南アジアにおけるRippleNetの商品ODL(オンデマンド流動性)の提供範囲を強化していくことを発表したことでまたさらに爆上げの期待が高まってきました。まずは1XRP=1ドルいってほしいですね。

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【仮想通貨】リップル爆上げ間近!?東南アジアのRippleNet展開を強化を発表!暗号資産仮想通貨リップル xrp を活用した国際送金を提供するリップル社は30日東南アジアを中心に送金決済ネットワークを展開するとラングドシャの株式のうち40%の取得に合意したことを明らかにしたフィリピン諸島など東南アジアにおけるリップルネットの商品が取るオンデマンド流動性の提供範囲を強化していく狙いがあるリップル者としてはトラン黒社との提携は規制当局からの認可を得たあと年内には取引完了する見込みだと言うとらんどロシアは2008年に設立された国際送金企業クアラルンプールやシンガポールジャカルタなどに拠点を置いており100カ国以上でビジネス決済や国際送金及びモバイル決済ソリューションを提供しているリップル医者は東南アジアでは各国で独自のプロセスとインフラがそれぞれ導入されていることから送金経路が細分化されていると指摘また東南アジアではリプルネットの導入が最も進んでいることからトラン黒車の専門知識を用いることで同地域における送金システムの拡充を促進する動きだと説明したまた先週にも事業拡大を望むべく東南アジアタントマネージングディレクターとしてブルックスエントウィッスル氏の就任が発表されておりリップル社が授業の焦点をアジア地域に移行している様子が伺える冷凍しようでゴールドマンサックス出身のエントリーする子は前職ではルーバーの国際部門の最高業務責任者 CD を落として東南アジア地域の成長戦略チームを率いた経歴の持ち主だ東南アジア地域の中小企業家フィンテック企業決済サービス企業などを取り込むことでリップルネット拡大を目指すなお株式取得が完了した後にはリップル社のエントリーすると製品デリバリー担当のアミール3上級副社長 Vice President がとランドリーをしたの取締役会の一員に加わることが予定されているリップル社によれば2020年の東南アジアにおけるリップルネットの取引は前年比から10倍の増加を記録大作用てのタイヤの商業銀行ではリップルネット利用における成長率500%をマークするなど加盟企業を牽引した

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事