【仮想通貨】ビットコイン爆上げ!遂にあのVISAカードが仮想通貨に本格参入決定!

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)に関するお役立ち情報、とくに海外FX業者の口座開設・入金ボーナスキャンペーンやキャッシュバック情報をまとめています。

サムドルフィン
しばらく前から噂はされてたけど、ついにVISAカードが仮想通貨に本格参入が決定しましたね。具体的には、Ethereum(イーサリアム)ブロックチェーン基盤のステーブルコインであるUSDC(USD Coin、USDコイン)による決済を認める方針を発表しました。Visaは、Crypto.comとともにこのプログラムの試験運用をしており、2021年中により多くのパートナーにUSDC決済を提供する計画だそうです。いやーこれでまさにクレジットカードで世界中どこでもビットコインほか仮想通貨で決済できることになりますね。ほんとすごい時代になったなあ。このポジティブニュースを受けて停滞していたビットコインも爆上げしています。このまま最高値更新いってほしいところですね。

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【仮想通貨】ビットコイン爆上げ!遂にあのVISAカードが仮想通貨に本格参入決定!29日に決済企業での VISA がイーサリアムブロックチェーン基盤の stable coin ユースデックの決済を導入したことを発表をビットコインにはイーサリアムの高騰につながったリザによれば仮想通貨決済企業取引その cryptodome と連携し cryptodome ブランドの VISA カードでブレイクの決済を全公開し将来的にはより多くのパートナーへの導入を展開していくクリプト企業以外の大手企業としてよ SPEC を導入したのはビザが初の事例で業界内外でも注目されているでは何ていうスペックを導入することが仮想通貨の普及特に分散型金融でフィーの拡大にとって重要な切り口7日イーサリアム開発者らだ運営する夫キャスト版クリスでその仕組みが理由について語られているビザのゆずデック導入は従来の間接的な仮想通貨決済とは異なり直接よ sodick で法定通貨決済セトルメントすることになる仕組みだこれまではブログフィアットへなど既存の仮想通貨決済サービスにおいては銀行口座と仮想通貨口座に紐付けられた VISA カードはあるが一度は仮想通貨等を法定通貨に換金するプロセスを取っているしかしよ sodick による新たな決済方法では法定通貨ではなくユースデックをビザが直接受付それを大手仮想通貨カストディアンアンカレッジの金庫に預けるという新たな仕組みとなるバンクリストによるとリザ次回は中央集権型の組織であり毎秒1500回の送金を高速処理できるそのためユースレックを利用する企業はイーサリアムネットワーク自体の処理速度に関係なく互いの腹シート上で入手金額が調整される仕組みが取られる原稿のイーサリアムはトランザクションの処理速度やネットワーク手数料が集い後頭がボトルネックとなっておりそれを緩和するレイヤーに味噌ソリューションや次世代チェーンの S 2.0対応が進まない限り大規模な決済に向いていないとされてきたイーサリアム以外の仮想通貨におけるレイヤ1ネットワークの方が適しているとの指摘も見受けられるものの大半のレフィ分散型金融プロトコルはイーサリアム上で構築されており NETWORK Effect はビザの導入によって強化が促進されうると見られるまた有識者によれば決済速度をさらに改善するためポリゴン八尾打ち水夢のようなレイヤーにの導入が促されうる特にゆずデックの場合は空の家あるグランドと言ったって愛知ブロックチェーンにも対応しているため今後マルチチェーンへの展開も期待されている模様だイーサリアムは是非分散型金融のベースレイヤーとして最も大きなシェアを獲得しているネットワークだデフィートはサードパーティを必要とせずに P 2 P 金融を成し遂げる概念として確立しつつあるがいまだクリプトセクターに泊まる現場にもあるヴァンクリ座ってフィーが局面するラスボスを FRB 連邦準備制度と表現し課題を示した FRB は世界の金融するとしてレードルの覇権を維持しているバンクリスはよく決済でもビザが最終的にドルに換金されることには変わらないがイーサリアムベストしての経済活動が増加することが重要ポイントと説明しゆ SPEC を撮るの代わりにしてコーヒーを買ったりすることもできるようになるとしたまたビザは決済ネットワークであり独自のネイティブ通貨を持たないためどのようなセットでも決済に利用できるとの見方を拾う今回はゆすでくだが次は大 swbc になる可能性もなくはないだろうと知潜在的な可能性に期待を寄せた重要なのは19だ今ビザが米ドルで決済しているのはユーザーがそれを求めているからだつまりユーザーの需要変化に応じて米ドル以外のものでも実現可能だとバンクリスのホストは語った最もビザの最高経営責任者アルフレッドケリー氏は先日の方に取材で仮想通貨事業について見解 仮想通貨が今後決済の主流になるのかどうかは分からないがピザとしてはこの時期にあらゆる資金の流れの中心に陣取ることが重要であり関連分野に布陣することで将来その恩恵を受ける可能性が高まると柔軟な授業方針を示したテーブルコイン以外ではビットコインでの取り組みについてクレジットカードデビットコインの購入を可能にするといった事業展望を語るなどデジタルアセットへの取り組みに本格的に乗り出している様子が伺えたもう一つの記事を読んでみる決済企業大手のビザは29日暗号資産仮想通貨イーサリアムブロックチェーン基盤のステーブルコイン U スペックの決済利用を開始する方針を発表した大手決済企業がステーブルコインの決済手段として導入するのは初の事例となゆずデックのビザ導入は今月中旬に発表された crypt を. com との提携の一環として実現するもので年内にはさらに銘柄を増やす予定があることを示唆しているスペックはレードルに裏付けられたされたステーブルコインで執筆時点では時価総額順位と手触り次ぐ規模を誇るこれまでは cryptodome の決済機能を利用する際仮想通貨が一旦法定通貨に換金された後に支払いが行われるプロセスだったが今回の導入によりイーサリアムブロックチェーン上で直接アメリカドルコイン決済が可能となる仮想通貨銀行のアンカレッジが膝下に変わり cryptodome から柚須デックの送金を受け取る形で実現した会社の担当者によればすでにこん月一でくれ最初のトランザクションを完了したという人の仮想通貨部門責任者のくいしてフィールド子は世界中の消費者と顧客の双方からデジタル通貨のアクセスを言うとしよう望む需要が高まっていたと説明したまたビザ車のジャックフォレストレシピ様は今回の発表は仮想通貨またはステーブルコインで事業を行うフィンテック企業の需要に応える編者の能力を示す大きなマイルストーンと言及したリザ者は各国で実証実験が進む中央銀行デジタル通貨 cbdc の決済利用も受け入れる方針をかねがね示していたこのニュースで心配なのはリブラのように国からの圧力によってビザなどの企業が仮想通貨から逃げ出してしまうことだろうしかしリブラと違うのはビットコインはかなりのさんが流れており下手すれば国の財政を超える代物となっているそのため国が今いくら仮想通貨に圧力をかけても勢いを止めることはできないだろうつまりもう仮想通貨の発展は誰にも止められない

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事