【仮想通貨】米ケンタッキー州で仮想通貨マイニング企業に対しビットコイン税制優遇法案が2つ成立!

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)に関するお役立ち情報、とくに海外FX業者の口座開設・入金ボーナスキャンペーンやキャッシュバック情報をまとめています。

サムドルフィン
米ケンタッキー州で審議されていた、暗号資産(仮想通貨)マイニング企業に優遇措置を与える2つの法案が議会で正式に可決。これを受けてAndy Beshear州知事が署名し、法律として成立させた。このうち上院法案255は、クリーンエネルギーを使う企業への優遇措置を仮想通貨マイニングへも拡大するもので、100万ドル(約1億円)以上の資本投資が行われた施設が対象となる。下院法案230は、仮想通貨マイニング企業に対して「仮想通貨の商業的採掘で直接使用される有形資産および電力について売上税と使用税の免除」を認めるもの。2025年6月30日までが対象期間として設定されており、2022年1月1日以降、州の歳入局は免除額を報告する必要がある。両法案共に、2021年7月1日から施行予定だ。日本も見習ってほしいですね^^

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】米ケンタッキー州で審議されていた暗号資産仮想通貨マイニング企業に優遇措置を与える二つの法案が議会で正式に可決これを受けてアンディエビスバー州知事が署名し法律として成立させたこの家乗院法案255はクリーンエネルギーを使う企業への優遇措置を仮想通貨マイニングへも拡大するもので100万ドル約1億円以上の資本投資が行われた施設が対象となるか員法案230は仮想通貨マイニング企業に対して仮想通貨の商業的採掘で直接使用される有形資産および電力について売り上げせるとしよう税の免除を認めるもの2025年6月30日までが対象期間として設定されており2022年1月1日以降州の都市入局は免除額を報告する必要がある両方ともに2021年7月1日から施行予定だこれらの法案は新たな産業である仮想通貨マイニング事業をケンタッキー州に誘致しようとする者だ米国ではケンタッキー州に限らず電力や工場施設など使われなくなった既存インフラを仮想通貨マイニングに活用しようとする動きもみられる例えば米マイニング企業コア Scientific はデニムやカーペットの向上など米国各地で放棄されていた工場をリノベーションして仮想通貨マイニング施設へと改装してきたそうした意味では仮想通貨マイニングは93行に代わってインフラを活用できる新産業の一つという側面もあると捉えられる対鳳庵230を提出した議員の一人 DVD は法案の導入に割り当てる週予算が追加で必要となることを認識しつつも高度に洗練されたテクノロジー産業を誘致することが最終的には週に利益をもたらすと論じていたすでに週にマイニング施設を保有している企業としてはブロックチェーンインフラ企業ブロックウェアソリューションズがある同社はケンタッキー州で20 MW のマイニング施設を運営しておりツイートによれば現在100メガワット級の新たな施設も週内に建設中だという暗号資産仮想通貨市場では26日17時にリルビットの四半期末オプションカット27日1時に米 CM 2の先物 SQ を迎える過去最大となる60億ドル規模の契約が満期を迎える予定オプション保有者購入者の本質的価値が最も低い行使価格を示すマックイーンは44000ドルコールオプション買う権利右側が届くする権利権利行使価格ごとの建玉を示しているオプション取引は権利の売買を行う取引のことで保険契約に例えられることが多い加藤仁志氏によれば過去の傾向では SQ 日前後にボラティリティ価格変動率が高くなるほか四半期3.6 Q 1012月ごとの最終金曜日は雪仮想通貨取引所も先物取引 S 級美に設定することが多く仮想通貨団のメジャー SQ と呼ばれることもあるこにゃポスト機構の中島氏の解説にもあるようにオプション取引を行っている投資家のフローはダイレクトにスポット市場直物取引現物取引に影響を与えるものだ出来高あと未決済建玉を伊豆大川影響度が高まることを意味する大手デリバティブ取引している人はオプションカット後の潜在的なダウンサイドリスク解消を示唆した売り圧力が強まるビットコイン市場25日には一時50300ドルまで独楽13日の過去最高値の61800ドルから約19%下落したその後深夜明け方米国時間にかけて反発し執筆時点では571万年51800ドルで推移するヘッジファンドマネージャーのレイダリオ氏が米国が1934年に施行した金準備方などを引き合いに米国などで新たな Bitcoin 規制がかかることは十分あり得るとして 欧州大手資産運用会社アムンディの当日責任者 Vincent mothe が示唆した規制の影響が及ぼす大幅な価格調整発言なども一部の投資家心理を冷やした可能性があるテクニカル的には強めのサポートラインの重なる44000から48000ドル付近の下の余地を見る向きも少なくないがその一方すでに隠しオシレーターは売られ過ぎ膵臓にデリバティブ市場ではここまでの局面におけるロングポジションの大規模ロスカットでおい燃料が大きく減少したほか相場の過熱感をはかる冷やしやすい総体力指数は40%を下回るまで冷え込んだこれは2月に発生した15000ドル幅の暴落局面をも下回る水準だまたデータ分析企業グラスのどのリキッドサプライチャレンジでは BT EC の循環供給量が大幅に減少しており次の強気相場に備えたカットには俺と絵の保管を示唆している24日には御膳データプロバイダークリプトコントの記録で米最大手取引所コインベースから14666倍と TC 約876円の資金移動が確認された今年に入っていこう行動ペースが加速した反動で大規模なプルバックを挟みつつ上昇してきた1月8日以降の暴落時は高値から31.5%の調整ですそこ音をつけ回復まで23日を要したが2月下旬の26.3%の調整ではわずか一週間で1万5000ドル暴落した後に急回復最高値を更新した今回は高音からマイナス18.7%11日が経過しており押し目買いを目論む投資家も少なくないものと思われるビットコイン下落で軟調な通貨が多い中時価総額上位の国内需要銘柄では xrp リップルが前日比10.5%上昇したサンタメントのデータによると過去一週間で1000枚 xrp 以上を保持するウォレットアドレス数は4.9%増加15頭のクジラがネットワークに加わったものとみられる xrp 価格は便 SEC 証券取引委員会が20年12月末に xrp のみ登録有価証券問題でリップル社を提訴して行こう暴落大口保有者の撤退行動も目立っていた直近では再上場を求めるとホワイトとは TAG Lyrics App が米国でトレンド入りするなどコミュニティ活動広がりつつある一方裁判の長期化リスクが引き続き燻っており米取引所の上場廃止など流動性低下の影響により価格が乱高下しやすくなっている24日の試合悪化局面では前日比10%以上急落する場面もあった

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事