【仮想通貨】初心者でもいま激アツのDeFi(ディーファイ)でガッツリ稼ぐ方法!

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)に関するお役立ち情報、とくに海外FX業者の口座開設・入金ボーナスキャンペーンやキャッシュバック情報をまとめています。

サムドルフィン
いやー2021年にはいってDeFi(ディーファイ)めちゃ流行ってますね。そもそも「DeFi(ディーファイ)ってなに?」って人も多いんじゃないでしょうか。DeFi(ディーファイ)とは、Decentralized Financeの頭文字を取って略したもので、一般に”分散金融/分散型金融”などと訳されます。なんのこっちゃって感じかもしれませんが、DeFi系コインは軒並み価格を上げていて、バイナンスなどの大手取引所も続々DeFi系コインの取り扱いをはじめています。Difiはある意味次世代の金融サービスでとにかくいまDifi市場に莫大なお金が流れ込んできています。ちなみにヤーンファイナンス(YFI)というコインはなんと350万円という価格がついたDifi系コインもあります。日本の取引所しかもってない人にはピンとこないと思いますが、海外取引所ではDifi系コインがばんばん取り扱っています。とりあえずまだの方はBINANCE(バイナンス)の海外取引所は開設しておきましょう。では具体的にどのようにしてDifiで稼ぐことができるかというと、まずDifiの火付け役となった「Compound(コンパウンド)」というサービスが第一にあげられます。コンパウンドで稼ぐ方法は2つの方法があって「インカムゲイン(利息収入」)と「キャピタルゲイン(コインの売却益)」です。インカムゲインは簡単にいうとコインを預けて利息収入を得ることですね。銀行など解さないので手数料は不要です。コンパウンドの公式サイトからBTCやETHを預けるだけで年利3%ぐらい増えます。日本の国内取引所だtpコインチェックでもはじめてますね。またコンパウンド利用者に「COMP」というコインを配布したこともあって、コンパウンドに預けるユーザーはめっちゃ増えたことでさらにDeFi(ディーファイ)が注目されることになったんですね。ちなみに、コインマーケットキャップのサイトで「Difi」で検索数とDifi系のコイン一覧も観れるようになっていますのでいまどんなDifi系コインがあって、どんなチャートになっているか確認できるのでみてみるといいでしょう。Difi系コインは国内ならコインチェック、海外ならバイナンスなどで購入することができます。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画 1 2 3

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】1.こんにちは暗号資産女子コインキャッツの花子です今回は今暗号資産業界で話題となっている WiFi について解説しますこのディファイっというのはとにかく今ものすごく成長している市場ということで高い注目を浴びていて SNS ではインフルエンザと呼ばれる人たちも wi-fi の発信をし始めたことなどもあって2017年の暗号資産バブルの再来といわれるくらい盛り上がっていますそれを表すようにこのように理解と呼ばれるコインが軒並み値段を上げています中には取引開始一ヶ月程で32000パーセント上昇というイカれた声もありますさらにバイナンスなど大手取引所がパンパンといい背景のコインの上場を進めている現状がありますよーはとにかく今すごい投資のチャンスが訪れているということですか愛の動画ではそんな話題となっている wi-fi とはそもそも何なのかこの DV と呼ばれるものを使って私たちはどのように稼ぐ事ができるのかについてご紹介したいと思いますできるだけ暗号資産家投資初心者の方にとってもわかりやすく解説をしていきますので是非最後までご覧下さいそれではまずは wi-fi とは何かについて解説しますバイトはリーセントライト杯何の略でリーファイト家リファインと呼ばれることが多いですね日本語にすると分散型金融という意味になり一言で言うとブロックチェーン技術を使った金融サービスのことですという事って思いますよねもう少し具体的にお話をしますまずはリヴァイというのはかなり革新的なものであるということを何となくでいいので知ってこれはあの動画の後半にお話ししますが自分にそれがどう影響するのかが大事なポイントになりますよく効いていてくださいねそれでは良い範囲とは一体何かということについてですがそれを解説するためにちょっと過去に2009年まで遡ります2009年その年に誕生したのが Bitcoin です今となっては価格の上がり下がりで儲かっただのなんだのという話題も多いですがそもそもビットコインの何が革新的だったのかと言うと世界中の誰もがどこにいても誰にでもビットコインは送ることができたということですインターネットに繋がっていれば通常海外に送金する時はスウィフトと呼ばれる仕組みを返していくつもいくつも中継地点銀行を通してそのたびに手数料がかかり一回送るのに数千円かけて一週間かけてやっと届くというものなんですそれを使うしかなかったんですけれどビットコインの誕生により私とあなたという子人間で瞬時に安い手数料で送ることができるようになりましたそれを可能にしたのがブロックチェーンという技術でブロックチェーンはビットコインなどの暗号資産に使われている重要な技術の一つでそれを使うことで銀行がなくてもお金のやり取りができるということをビットコインが実現させたわけですビットコインブロックチェーンについてはこちらの動画で詳しく解説していますので参考にしてください誰がビットコインの場合は送金がメインになるんですけどそれだけではなくブロックチェーンがもっといろんなことに応用できるんじゃないかと考えなされたその一つバディファイト呼ばれる分散型金融ですこれは次世代の金融サービスといってもいいでしょう今この D 海の市場が大きく成長していますまずこの暗号資産業界は2020年に入って一番の盛り上がりを見せていることはご存知でしょうかこちらもご覧くださいこれは恋マーケットキャップというコインの時価総額ランキングなどが見られるサイトです Bitcoin ethereum をはじめとした数千種類のコインの値動きや情報が見られる暗号資産投資をするなら知っておきたいサイトのひとつですそのコインマーケットキャップで現在の暗号資産業界の市場みるとこの通り現在401兆円まで膨らむコロナショックから見ると200%拡大していますむしろコロナショック前よりも拡大していることがわかりますよねこれだけ市場全体が上昇している理由に今回お話する機会があるんですとにかく今 wi-fi という市場に資金が流れ込んできているのでこちらも見ていただくと今年の6月頃は1千億円程度だったねファイの社長は今夜90億ドル1兆円に迫る勢いですだったこの23ヶ月の間にです マーケットキャップを見ても wi-fi の盛り上がりがよく分かると思います今表示しているのは wi-fi の恋の時価総額ランキングです少し前と比べると落ち着いてきてはいますが一位のチェインリンクというコインは今年に入って100倍になった時もありますし最近中でもものすごいことになったのがこのヤンファイナンス Fi というコインですが7月の半ばに取引が開始して現在350万円の音がついていますもうビットコインよりも高いっていう訳の分からない状態になっているんですよねもう前日比200%プラスとかありましたからねこういうコインを見つけて投資できたらいいですよねけれどこれはのコインって皆さんあんまり見覚えがないのではないでしょうかなぜかと言うと実はビットコインイーサリアムと違ってこの辺りのコインというのは日本の取引所に上場していないんですよね日本は世界的に見ても暗号資産に関するルールが厳しい国でなかなか日本国内で取引できるコインで20種類くらいだと思うんですけど世界にはもう何万っていう数え切れないほどのコインがあるんですね海外だと500とか600とかっていう種類のコインを扱ってるところもありますからだから海外の取引上最低一つは持っておくといいですよリスク管理の観点から言っても日本や海外に複数の取引所アカウントを持っていくことが大切ですしその方が便利なことも多いですかする海外の取引所の中で私たちがオススメするのはバイナンスというところですねこの業界の最大手と言ってもいいでしょうそういった取引所ではいま人気の wi-fi コインの取引も出来ますし今後もめぼしいコインがあれば日本国内よりも確実に早く上昇しますからバイナンスの口座を持っていないという方はこの機会に是非開設することをお勧めします口座開設方法は別の動画で解説をしていますのでそちらをご覧くくださいさて話を戻しますがこの wi-fi がなぜここまですごい勢いで伸びているのか気になりますよねその理由はなんと礼拝に参加することでお金を増やすことができるからです例えばコインを預けておくだけで利息がついて運用することができるんですよね金利0.001%の日本の銀行に預けているよりもはるかに稼ぐことができますでは具体的にどのようにしてお金を稼ぐことができるのかお伝えしたいと思います今からご紹介するのは現在のディファイン人気の火付け役ともなったコンパウンドというサービスについてですコンパウンドを使って稼ぐ方法は二つありますそれがインカムゲインとキャピタルゲインまずコンパウンドを使って利息収入を得ることができますそしてもう一つコインの値段が上がったらその売却益を得ることができます具体的にお話しして行きますねそもそもコンパウンドとまかつなるサービスのうちの一つでベンディングサービスを提供しています連リングって何という方のために簡単に説明をするとそれは融資仲介サービスのことで SBI さんとかも電源がサービスを提供しています用いて解説をするとこのようにお金を増やしたいと思っている人とお金が必要な人この利用者をマッチングしてサービスを返してお金の貸し借りを行います借りた人は力をつけて返済するのでそれをお金を預けた人に分配償還する仕組みになっています投資家目線で言えばお金を預けたらいくらか利息がついて戻ってくるよ嬉しいねというような感じですコンパウンドはこの暗号資産版で持っている小芋預けると利息収入が得られるそんな仕組みになっていますこれまでのレンディングサービスとの違いをひとつあげるとしたら仲介手数料のようなものがかからないという点があります今ある金融サービスの多くが手数料収入を一つの生業としていますよね出勤するにも手数料を振り込むに守って数量挙句の果てにはよ気にしているだけで手数料払えみたいな話も出ていましたもはや特権ですよねお金の取引をしたかったらそこを使わなきゃいけないわけですからレッスンがコンパウンドのような理解であれば最初にお話ししたビットコインの取引に銀行が不要なのと同じように資産運用をするのにも銀行などの金融機関を介する必要がなくなりますなので仲介手数料のようなものがかかりませんつまり5人で誰もが自由にお金の貸し借りができるような時代になってきているんですね特集に欲しいですよねではどうしたらいいのかコンパウンドお礼にお伝えしていきますこちらコンパウンドの公式サイトで基本的な操作を英語になってしまいますがコンパウンドを使って利息を得る方法はシンプルですイーサリアム usdt などここに載っているいずれかのコインをコンパウンドに預けてあとは放置するだけ これだけで利息がもらいます今月でもリヴァイは去年から注目していてもう1年くらい前をしています行く3%の利回りで運用できているので結構いいと思いますよ正直ここまですごいことになるとは思っていなかったのでちょっとびっくりしていますただ今後これだけで億万長者になれるチャンスは秘めていると思いますなぜならば利息がもらえるのも凄いんですけどこのコンパウンド自体はですね2018年かなこのからサービス展開はしていたんですよですがなぜそれが今こんなに話題になっているのかと言うとそれが二つ目の稼ぎ方キャピタルゲインを得られるからなんですコインを売って儲けることができるということですこれが wi-fi が注目される大きなきっかけとなったんですねそのストーリーはちょっとお話すると今年の6月コンパウンド利用者に対してこんという新しいコインを配布するという発表がされました利用者というのはコンパウンドを使ってコインを貸し借りしている人たちのことですこの国という行為自体には元々価値はついていなかったんですがマイナスとかその他大手の取引所がコンプの取扱いを開始したことでどんどん価値が付いて行ったんです今この動画を撮っている現時点では26000円で取引されています最高値は37000円をつけていますねコンプは根本わか西金を預けるなどをすれば無料で受け取れるものなのでこのコンプが欲しいとコンパウンド A して金を預ける人が増えました価値のついたコイを無料でもらえるなんてとってもお得な感じがしますよね実際にコンプが配布されるようになってからそれまで1億ドルこのだったコンパウンドへの預かり金は今や8億ドルにまでなっていますコンパウンドを使うと利息収入もあって更にキャピタルゲインを得られるなんてことがあってリファイア興味を持つユーザーあーが増え投資家の資金が波のように2階へ流れ込んだというわけです少し前と比べたら wi-fi の市場は落ち着きを見せていますとはいえこのような理由背景のコインは前日比20%プラスなど激しく動きまさに一昔前のバブルのような状態になっていますまた DV の研究開発が進み新しいサービスもどんどんと出てきますので今後しばらくはいい背景の声に注目していくといいと思います例えばですがコインマーケットキャップというサイトの九仮想通貨から D 5クリックすると dyk のコインの時価総額ランキングを見ることができますこの業界ってとにかくスピード感がすごくていろんなことがすぐに大きく変わっていくんですよねこちらの声マーケットキャップの使い方を解説した動画これ半年前に作ったものなんですけども今もうコインマーケットキャップがバージョンアップして最近このような理解の項目が見れるような新機能が実装されましたこれはこれで使い方などが学べると思うので良かったら参考にしてみてくださいまた近々バージョンアップしたものを作ろうと思っていますいいですね私も先日この中からちょっと気になったコインを買ってみたんですがその翌日に45%くらい上がりましたちなみにかぶっていう声なんですけどねもちろん相場はずっと上がり続けるものではないのでタイミングによっては損しちゃったなということもあるかもしれませんが少なくとも D ファイトカードに目を光らせておくといいかなと思いますはいそれではここまでの話をまとめますまずリーファイトは次世代の金融サービスのことで今暗号お子さん了解で最も熱いワードであることそして wi-fi で稼ぐ方法は二つありますそれが利息収入とコイン売却による売却益リファイナーサービスの一つとして今回のブームの火付け役ともなったコンパウンドをご紹介しましたこの熱はまだ少し続きそうですのでりー背景の声に今注目すると良いでしょうかがしかしですね投資のチャンスであると同時に注意していただきたいこともあって ICU の時もそうでしたがこうした流行りものには詐欺がつきものです実際はそうじゃないのにいい入った言っとけばとりあえず OK みんな騙されるんでしょうみたいな風潮になってくると思うのでそこは騙されないようにこうした動画などで勉強もして大切なお金を守っていきましょうねということで今回は初心者の方に向けてリーファイトは一体何なのかどうやって稼げばいいのかについてコンパウンドお礼にお話をしました今回お伝えした内容が理解の中でも本当に一部の者ですリーファイについては引き続き私たちも注目して情報を発信していく予定でいますのでぜひチェックしていてくださいねこのように連結チャンネルでは暗号資産のことを始め 資産形成のお役に立てるような情報を発信して行きます是非チャンネル登録をよろしくお願いしますまた良い情報をお届けするために皆さんからの質問やリクエストを受け付けております何か知りたいこと動画にしてほしいことなどがありましたらお気軽にコメントくださいねここまでご視聴いただきありがとうございましたまた次回の動画でお会いしましょう。2.クリプトタイムズ編集長の新井です今回の動画では新しい金融サービスに西に関して完全解説していきますこの動画を見ていただければ新しい金融サービスと呼ばれるリヴァイこの時間に関しての基礎知識が学べますので是非とも動画を最後までご覧ください私はクリプトタイムズという月間20万人がアクセスする Web メディアを3年間運営しています業界に携わった経験と知見を活かして仮想通貨やブロックチェーンの最新ニュースやプロダクトに関して解説していきますので是非ともチャンネル登録をよろしくお願いいたしますそれでは新しい金融サービスとも言われる機会に関しての解説をしていきますそもそも D 払いとは何でしょうかねサイトがありセントラライズのファイナンスの頭文字を略したものとなってまして10代のですねま銀行がやってるような金融機関の業務って言う UNO をプログラムで管理する新しい金融サービスのことですこの時期というのは2018年頃からですね市場に出てきたんですけれども2020年6月ぐらいを境にですね非常に速いスピードで成長していきました2020年の6月頃はだいたい山億円の市場だったんですけれども2021年の1月現在では2.3兆円ぐらいのですね市場まで成長しましてわずか1年で20倍近くの市場が出来上がったというわけですいろんな理由があるんですけれども市場のバブルを作ったきっかけというのがございましてはこのリバイバルの引き金というのがコンパウンドっていうプロダクトがありますこのコンパウンドというのはユーザーが資金を預けて金利を得たりし金を担保にしてお金を借りることができるプラットフォームなんですけれどもここでコンパウンドが発行するトークを扶養しましたこのトークンというのが価格が1万円当たりたいですね400ドルの価格がつきました今までですね今度いっぱいというところに無金利というものはあったんですけれどもそれとは別に新たなトークをかつとして付与することでユーザーがですねま金利以上のお金を得ることができたのでこれをきっかけに入りそういうのが非常に入れて市場が成長しましたはいバブルのきっかけになったのはこのコンパウンドというところがトークを服用してその時に一緒に高い価値がついたからだと言われています山ちゃんみなさん気になるところだと思うんですけれどもメチャカリって儲かるので言うところがその後もなんかにはあると思いますそこでちょっと比較していました従来の銀行と例えばですね定期預金を日本の銀行でスタートします現在ですねお金とかまぁ普通に OK を押していてもそうなんですけども金利というのがつきますこれは日本の銀行ですと大手メガバンクと呼ばれるところの銀行もデータを調べてみたところで年利りゅうと0.001%か0.002%ですなので500万円を預けても1円とか2円しかもないというですね非常に困っていますこれはどのぐらいの子がもらえるかと言いますと同じように自分の持っているお金を真駒内のサービスいろんなサービスがあるんです今度一概には言えないんですけれどもこのサービスの中にお金を預けると大体年利少なくても3%ぐらいがもらえる計算になりますでも100万円を預けると3%なので3万円が年間でもらえるという風な検査になりますこれを見てもですね日本の銀行と比較した時の罹災の金利のもらえる率というのが非常に高いことが伺えます実際の金利レートして罹災バブルの引き金となったコンパなどというサービスこちらでもですね自分の持っている子さんを預けて金利を得ることができますこの近所の at はいって言う度に赤字でくくってあるところが年間にもらえる利率になりますと日々変動するんですけれども見てもらうと分かる通りですね例えば USD コインとかっていうのは米ドルと同じかって思った恋になってます一番行ったりが1ドルだって考えてもらえればいいんですけれども例えばじゃあこれを100万円ぶんも USB 恋の預けた時で言うと例えば USD coin 6.86なので年間68600円ぶんの低金利を得ることができます他にもですねまあいろんな仮想通貨とかもあってそれによってですねまもらえる君とは違うんですけれどもこのように言ったのは着けるだけで従来の銀行よりも高い金利を得ることができますこれが今一つの特徴とも言えますそれではいっていうのはどのくらいのサービスがあるのかっていうところなんですけれども去年の6月以降ですね非常にコーディファイ伸びたおかげもあってこれだけのサービスがありますこのイーサリアムというブロックチェーンの上に乗っかっている海のサービスなんですけども単純ですねまあこれよりもっといいんですけれども一部がこのサービスになっていませんと言われるくらいなんで サービスに携わることだったらこのように分類されるんですけども主な分類として例えばま鳥貴族いうのもありますし信用取引とかまデリバティブってのマーク X みたいなやつとかもありますって先ほど離れ行くと言って自分たちのお金を預けるとか何かあった時のための試験中もありますっていう書いてあるのは先ほど説明したような1ドルと変わらない同じ価値を持って来いっていうのもこのディファイっていうのにバディファイトいってもこのように多くのカテゴリは持っています1階にまでファイト言っと話したからといっても金融サービスだけじゃないっていうのはまあ覚えておいて欲しいですそれでは次回のトークショーに関してみていきたいと思いますエビのフライの金融サービスとの違いというの四つ説明しますまず一つ目に管理者が存在しないことあつめに誰でも利用が可能なこと三つ目に透明性が担保されてますよっていうことだよつめが梱包されているということですこれを一つ一つ見ていきたいと思いますまず一つ目に管理者が存在しないことは従来の金融機関というのは銀行とかまクレジットカード会社とかいろんなこういう金融機関があったと思うんですけどもこれらの会社に対してユーザが資金を預け入れますよお金を借りたい人とかがいればこの銀行とかがお金を借りたい人に対しての審査を行ってお金を貸しましょうかにダンプを出してくださいねとかそういうのことをやっていましたこれに関してはインフラの維持費用ですが人件費とかいろんなお金とかもかかっているっていうのが特徴としてありました小さいというのはこの金融機関が今までやっていた業務をスマートコントラクトと呼ばれるプログラムを使ってですね全て完了していますなので今までですねユーザがお金を預けたいなまこれを銀行に預けますとかっていうのをこのスマートコントラクトというプログラムにユーザーがお金を預けたいなと思ったらお金を預けますお金を借りたいなって人がいた自分の持ってる資産を担保にしてお金を借りましょうということがこれプログラムで管理されるようになりましたなのでこの管理者が存在しないということによってプログラムが全て手動になって動いてるっていうのがまずリファインの一つの特徴と言えます爪の特徴として誰でもが利用可能だということです会身分証ガナッシ居住地関係なし銀行口座を持ってなくてもスマホさえあればこのディファインというサービスは利用が可能になっています世界各国でですねゆうちょ銀行口座を持っていない人っていうのは73億人中70000万人ほどいると言われています後日2人に一人っていうのが銀行口座持っていない人でこれらの今日は四人に一人の銀行口座を持っていない人というのはお金を預けたいお金を誰か借りたいっていうような時に銀行口座を持っていないので金融サービスを受けられないことになりますしかしこの前というのは先ほども話した通りスマホさえあれば利用が可能になっています実際この世界人口のうちの17国民銀行口座持ってないっていう風になってるんですけどもこの17人のうち10000万人というのは銀行口座持っていないけれどもスマホは持っているよっていう風なデータが出ていますなのでどんなですね国にいようが例えばその人がどんな人であろうがスマホを持っていればこれらのでファイルというサービスを受けられるのがまた特徴になっています続いてですね透明性というのが挙げられます従来の銀行とかクレジット会社の金融機関っていうのはまあ中身がブラックボックス迷えるどういうようなシステムで動いてるかわからない例えばまあお金を借りたいってなった時どういうの審査でお金を借りる制度を知るかわからなかったですねまそれに反してのデータにアクセスするっていうのは今まで行きませんでしたリヴァイが面白いところとしては誰でもプログラムをチェックすることが可能です例えばお金を借りたい人がいる時にプログラムの中身を見ればどういうパラメーターでそのユーザーにどのくらいのお金を勝手に買っていうのをチェックすることもちろんできますお金を貸すサービスって使用できるんだっけっていうようなのはとても技術者があればそのサービスのプログラムを見ることもできるので紅が本当にちゃんとしたシステムなのかっていうのも判断することもできますさらにお金のやりとりとかをしている中で誰かが勝手にこのお金を抜いたりしないんだっけいうのも不安の一つとしてあると思いますがこれらのようなデータっていうのもアクセスが容易にできるようなっていますが実際の中身はこれでサイト上にあるさっきのコンパウンドというところにあるスマートコントラクトのデータ中身を見てるんですけどもこのようにですねこの左側の頭の赤枠で囲っているところにあるんですけどもここにコンパウンドというサービスのスマートコントラクトのコードが全部書いてありますここで処理されている内容というのが実際にこの前の中のシステム今のでブラックボックスだった部分が全部チェックが可能になっていますもちろん技術的な内容なのでもとか見てもちょっと難しいかもしれないのですけれど 動いてるとかちゃんとしたシステムだよねってのがこれでわかるようになっています右のデータっていうのが実際のコンパウンドを使った際の夜送金とか押した際のデータになるんですけれども1人1人のデータが一個一個全部ブロックチェーンに刻まれて確認することができます例えば悪意のある開発したとかがここからお金を抜いたらそれっていうのはもう全てを負うことは出来ますしこの内容ってのも分かるので何かトラブルがあった際にはもうこのサービスを使わないというようなことも可能になるので今までのたとえば金融機関ですとそのまま銀行自体が倒産するとかまお金を貸してた人が急にトンズラしたよとかいろんなことがあったと思うんですけどもそういうようなこともかなり避けることができます最後にですね今ポータビリティというのが挙げられますこれどういうことかと言いますとまあ組み合わせがすごい多いですよっていうことなんですね例えば位牌っていうのはマネーレゴって晴れてますそこまで持ってよくできた言葉があると思うんですけどもう1回このこのパーツを組み立ててつけることができますよねこれ以外にも同じことが言えましてこのディファイン一個一個のサービスを組み合わせることで別のサービスを作ることができますしかも先ほども話した通り今プログラムのコードっていうのが全部 Web 上にアップされてますので他のサービスとの接続も容易となっていますこれ具体例またこれを見ていきたいと思います婚活のサービスを紹介します初めてカードが便宜上ですね目がの本当の作者ちょっと違うんですけれどもいいかなというのは自己資産を担保にして米ドルを借りることができるサービスです二つ目のに先ほどからも説明しているコンパウンドこのコンパウンドというのはこの自己資産を預けることでバイ紛争預けたじこさんに対して金利がもらえるサービスとなっていますじゃあこれを掛け合わせると同様のサービスが生まれるかっていうのを見てきたいと思います例えば僕がこの二つをかけましたサービスを作るとしたらじゃあこのメーカーで資産を担保にして US ドルを借りますこの借りた US ドルを自動おでこのコンパウンドというシステムの中に自動で預け入れてその預けたさんに対して金利が得られると思うんですけどもこの預けたら金利のさらにまたコンパウンドに入れて複利で金利を得ていくというようなリヴァイというのも簡単に作ることができますこれが梱包寂れきーです今話した四つの管理者が存在しない誰でも利用が可能で透明性の担保今ポータビリティというのがこの日反映の四つの特徴となっていますただこれだけ言うと入ってすごい非常には金利もたくさんもらえるしそこそこ儲けられそうだしすごい簡単そうだよねっていうふうに思う方もいると思うんですけれどもお茶2杯というのもリスクが存在しますこのディスクは四つあるんですけれどもその掃除入ってその白い出てきたのが2008年から爆発したのは2020年の6月からとなっているのでは各国と日本でもそうなんですけれども大寄生虫のが非常に曖昧である現象となっていますまた技術的な課題ももちろん存在します先ほどからですねまプログラムが今まで金融機関がやっていたことを全部やってくれるよって言っているんですけれどももちろんこのプログラムっていうのは人間が書くものですなので落とし穴というようなものだったりちょっとしたミスが原因で何かトラブルが起きてしまうような可能性もなくはありませんが三つべに使い勝手の悪さはどうしてもですねやっぱり今まで皆さんが使っているようなサービスとは違って新しい技術を使ったサービスとなるのでまだまだ使い勝手が良いとは言い切れないですなのでまぁここで使い勝手が悪くてまお金を間違った額を入れてしまったというようなことがもう少しは起きるかもしれないです一番最後に手数料が高騰しがちなちょっと曖昧な表現では書いているんですけども例えば銀行口座から別の人の銀行口座にお金を送る時はだいたいどんなに高くても500円とか法人から法人に送るとしても700円で買って10ぐらいのて数量だと思うんですけれどもバディファイトいうのは去年6月に流行った直後たくさんのユーザーがこのファイルを使いたいと思ってアクセスをしましたがどういうことが起きたかと言いますと手数料というのは高騰しました一回のですねサービスを使うのに80ドルとか100ドルは8000円から1万円ぐらいの手数料がかかったりしてこんだけ手数料がかかってしまうとやはりどんなに金利が儲かると言っても手数料負けしてしまうというようなこともあるので注意が必要ですこの辺のリヴァイの抱えるリスクに関してはまた動画を改めて作っていくのでそちらにて解説しますここまで説明してきたんですけれども痛いというのはまだ市場が成熟しきっていない成長性のある新たな金融市場となっています意外としての可能性は非常に無限大となっています昨年の6月から今年の1月にかけて約25倍まで伸びたこの市場は非常に面白さもありますので是非ともですねリファインというサービスに関して みてはいかがでしょうか以上 decide 解説でしたクリプトタイムズでは YouTube では話せないようなハイレベルな仮想通貨の内容をレポートにしても月1で配信しています仮想通貨やブロックチェーンに関してもっと知りたいもっと勉強がしたいというような方は概要欄にで成功のレポートの登録の URL を貼ってありますのでそちらもチェックしてみてください最後まで動画を視聴していただきありがとうございました。3.クリプトタイムズ編集長の新井です本日の動画では理解を使う上でのリスクについて解説したいと思いますこの動画を見れば初心者でも異彩を使う際のリスクというのが学べますので最後まで動画をご視聴ください私は月間20万人がアクセスするクリプトタイムズという Web メディアを3年間運営してきています業界に携わってきた事件や経験を生かして仮想通貨ブロックチェーンに関する情報を発信していきますので是非ともチャンネル登録をよろしくお願いいたしますそれでは気を使う上でのリスクについて解説していきたいと思います簡単にですね何だっけっていうのをおさらいしていきたいと思いますエレンとアニセントラルファイナンスの頭文字を略したものになっています妻の特徴として従来の金融機関と比較して腰痛のサービスの違いがありますよって言うのあげましたこれが真管理者が存在しないことを誰でも利用可能ですよって言うこと透明性の担保そしてこのポータビリティという四つがありましたこれらの違いというのは詳しくは2歳の概要を説明してるとかありますのでそちらをご覧くださいっていう近所の金利比較というのも日本の銀行と大分違うよっていう話をしましたマリオの銀行ですとお金を預けても1001000円とか20円しか金利が年間でもらえないのに対して妻は100万円を預けると金利が年間3万円ももらえますよプロダクトによるんですけれどもこういうような違いがありますよとサービスとしてもこんだけのたくさんのエコシステムいろんなサービスというのはま2020年の6月以降外出てきていましただけですねまあ新しい金融サービスとして出てきたリヴァイはたくさんのサービスもまだまだ増えていますし手間お金もですねこの年齢を見ても0.001%3%と見ても全然違うと思いますめちゃくちゃ美味しいんじゃないのこれと思う方もいると思うんですけれどもやはりですねまディスクとも存在します今回はこのリスクというところにフォーカスして解説していきたいと思いますのでよろしくお願いしますが抱えるリスクというのはきついよっつありますまず一つ目規制が非常に曖昧である件になって二つ目は技術的な課題というのがめちゃくちゃ切っても切れない感じだってしまってますとって使い勝手非常に悪いですそして最後に手数料がめちゃくちゃ高騰しがちになっています一つ一つ見ていきたいと思いますが曖昧なんですけれども国と全然違います現在ヨーロッパアメリカ中国日本とかあると思うんですけどもこれも国によってですねこのルールというのが全部違います市放課放課まだグレーだよねみたいなところは全部国によって違いますし口によって違うだけでなくて例えばアメリカだったのは州によっても違うとかヨーロッパヨーロッパ州の中の例えばドイツはオッケーだけどちゃだめだよねみたいなことが全然あり得るかなと思いますこの法規制というのは甘くによっても州によっても全然違いますまあ全然はまだ管理者がいないのであれば全然利用してもいいんじゃないのとかアメリカとかですと結構ここら辺のサービス以上に厳しくて管理者がいるんだったらそれは人間とだめだよねとかっていうようなことを結構釘を刺したりするとかもありますここでルールを作っている段階なんですけれども国としても非常にまだ定まっていないですし法律としてもこれどうやって取り締まれば良いんだっけっていうのは非常に効果あります後日本でもここのですね起きてというのは非常に曖昧になっていますって例えばコンパウンド何回も説明してきているというところにお金を預けた時にあなたはお金を預けましたよねっていう証拠となるような仮想通貨を自分が受け取るんですねこれを受け取った時ってこれで思ってることが8日付入れているっていう証拠にはなるんですけれどもこれが発行している川っていうのは法律の対象になるんだっけとかっていうのは今も議論されていますのでまあ韓国でこうような議論が行われているので現場まだルールというのがなかなか決まっていないところですなのでルールがまだまだこのさんとすっていうところがマネーロンダリング防止に関しておすごい強く言い続けているんですけどもまこま野球の監督マネーロンダリングも全然使われる可能性があるから何とかしてこの帽子発展させるような形で動いていたりもしますなのでちょっと今後のルールっていうのがどういう風に行くのかそれで全然ルールが違うようにはなると思うんですけれどもルールというのがどんどん決まっていくっていうのはこれからの展望になっていくと思いますこれらのですね法規制とかまこの料理に関してはとタイムズのメディアでもそうですし他の信頼をおけるメディアで情報摂るようにしてください結構情報が早いので全部は彼はできているメディアとかないかもしれないんですけども信頼のできるメディアで発信されている情報で確認してくださいありますこのプロジェクトがどういうことかといいますと例えば A さんを預けると邪念2000%のリヴァイのサービスがあるよこれ今すぐ行った方がいいよというのが Web 上にはたくさんいますね本当にあった 年利が非常に高いサービスがありましたこれ赤で囲ってるところ見ると年利793パーセントか年利1731パーセントか年利669パーセント数字が出ていましたこれって言うのは実際本当にこれはあるんですけれどもまだ誰が作ったか正直わからないサービスですとか2残れお金を預けてしまうと実際初めは燃料もらえることはできるかもしれないんですけどもこれを作った開発者みたいな人がこのサービス自体を消してしまってお金を取ってそのようなこともありますでまぁ結局じゃあそれってどうなるんだっけってなるトマトの高いねんりんにですねホイホイとお金を預けてしまってお金が全然帰ってこないような結論があったりするのですごい中が必要ですですねそうですねまあこの年齢がもらえるサービスで年利の代わりとなる仮想通貨リンク貼るんですけどもこのかかって徐々に徐々に上がっていきますと上がっていったものの最終的にどうなったかというとやっぱりこれも詐欺だったんですね詐欺で描くというのが上がったけれども一気に下がってこれで見るとですねまあ5500ドルまで行って最終的に0.75を取るとかまで下がってしまうトンデモ99.9位になりましたというプロジェクトは本当に絶対行った方がいいよ方がいいしたりとか色々なことが起きるので非常に気を付けた方がいいですこの先どうやって早ければいいんだっけって言うとか正直あると思います信頼出来るサイトかなと思うのが今回パルスというサイトがあるんですけれどもこれもこのサービスを信頼できるものをメインとして扱っているサイトなんですけどもここに例えば今大手前のランキングみたいなのってるんですねメーカーとかえでコンパウンド意味するというの産地が書いてあるんですけども載っているサービスであればまだ比較的安全かなと言いますか Twitter とかまテレグラムというような情報発信ができるサービスとかでも2000%スパイだよいうのは今日も分からなければも疑った方が良いですなのでまあこの年齢が例えばも異常な数値が出ているものはまやっぱり生駒年利が高いけどそれなりにあるよっていうことを理解して使った方がいいので初心者のかた絶対に避けるべきだと思います続いてです技術的な課題こちらですね今度逆にを年利10%高いんですけれども年利10%だけどもうちょっとベンチャーキャピタルとかからもしも受けてるし美味しそうに食べてもしっかりしてるよっていう結構ちゃんとした場合のサービスがあったとしますでもやっぱりここにもリスクというのは当然ありますってコードの穴を突いた攻撃プログラムですね血管を見つけて攻撃してくる家から電話がありますこれが技術的なんかないですこれ例えば去年の2月に起こった事例なんですけれどもフラッシュローンというですね攻撃手法を使いましてこのユーザーとかですと現状ほとんどリスクなくま71位なので71サガットいくらだったか覚えてないんですけど小堀少なくま200万円ぐらいを一気にお金を回収したっていう形でもあります紫陽花が増えていくにあたってこのフラッシュを使った攻撃というのもめちゃくちゃずれましてそれこそですねまっすぐ10億の被害があったりとかそういうような事例もたくさん出てきてそこに預けていたユーザーというのは結局そのお金っていうのがなかなかされなかったりとかそういう感じでもあるのでこういうような技術的な課題もあることをちゃんと覚えといて下さい続いて使い勝手の悪さはこれも単純にですねも UI とか UX はもうあまり良くないですまだですねまあ発展途上のようですので当たり前なんですけれども基本必要になりますこのメタマスクというのが現状ですとまぁ Web である場合はデフォルトになっているんですけどもマスクとの連携が必要だよねとかっていうのがあります持ってきたんですけどもこのカード初めて使う時にパッと見た感じで全然意味がなかったんですね何をどうやって使えばいいのかなこれを使おうと思っとやっぱり使い方は難しいですなのでマスクと言うか無視で使い勝手良くないのでここで間違ってしまうこと間違った操作をしてしまうことこれはやることかなと思うのでこれは単純にディスクかなと思いますそして最後にですね手数料が高騰してしまうこと手数料はこう通ってるのどういうことかと言いますとこれイーサリアム土間 GAS price 手数料の平均の価格なんですけれどもエアコン2017年18年とかとデータを持ってきています小さい釜流行した6月ぐらいに言ったと思うんですけどもまあここぐらいからですね圭佑にイタリアのガスの価格というのがちょっと上がってることが分かると思いますこれ男性 wi-fi が流行ったから戻すの手数料の価格というのが上がったんですけれども例えばこの9月のちょっと前の時はホントめちゃくちゃ出てるところがあると思いますねま8月10日9月も手数料というのが上がったと思います心に WiFi の 起きて助かりました2020年9月1日とガス台で高かったのでデータ持って来たんですけれどもそれと2021年1月19日のガス台でするようになるんですけども9月ぐらいですといけないか取引をしたいの時は10ドルから30ドルぐらいの手数料かかりました例えばなのでまあイーサリアムを送ってトランザクションをじゃあコンパウンドに送ってでなんかさらにそれをどっかに送ってとか3回往復するだけで最低でも30ドル一番高いと90ドルぐらいかかってしまったというようなことになってしまいます1月19日は比較的安くなってまして毎回頭2.35撮るから大体3.34ぐらいの基準ですしていました全然ですね手数料の価格というのが違うのは分かると思います本当にひどい時では一回で100ドル以上の手数料は取られるようなこともありましたのでマコモガスっていうのが気を使う上ではネックになってくるかなっていうところで例えばもすごい手元でガチャガチャしていろんな鳥とかっていうような音とかをするようなユーザーであれば少数のスキンですとあまり儲けることができないですがめちゃくちゃかかってしまうので逆にそこが手数料負けしてしまうようなことが起こるので行くかなとも言えますこれ例えばまあひどい時には一回で100ドル以上になることもあるという話をしたんですけども例えばなんですけれどもコンパウンドっていうところに自分のイーサなけなしの10万円ぶんのいいさを預けるとしますでもちょっとイーサリアムが必要だからこれ改修したいなって思った時にガス台が150ドル100ドルとか150円とかもっとかかったとしますその際に去りアムを返してほしいんだけれどもバス代が高すぎて帰してもらえない皆の事っていうのが魔王にしてあるかなと思いますなのでこのガス台がまあそういうユーザーは合算が高いがダサいがちょっと安い時にまで待とうみたいな感じになってしまうので12月代が高いと預けている資産を引き出したりとかそれ以外のり災のサービスを使ってみようみたいなことができなくなるというのなら結構リスクとしては考えられるかなと思いますそれを抱えるリスク説明してきたんですけども法規制が非常に曖昧ですよというところとか技術的な課題というのもまだまだあります使い勝手が非常に悪くないとか言いつつ本当に良くないですそして最後に手数料が高騰してしまうのでたくさんかかってしまうようなこともありこれらの四つが偏るとなっていますただですねこの四つのリスクというのは説明したんですけれども年間の動画でも話した通りは非常に面白い人にはなっています今後もですね次回発展していくと思いますかなりです今設けられれば儲けられる子ドレスどの城にも当たり前に入れることなんですけれどもひどい面白いんですけどもやっぱりちゃんとありますよと2歳のリスクをちゃんと理解していればまこも付き合っていく今後さんはって言ってもいろいろと注意すべきことは出てくると思いますので面白いですよ電話覚えていただくあんなちゃんと注意をしてくださいねっていうことをこの動画で理解していただけばいいかなと思います今回の動画で wi-fi を使う上でのリスクについて解説しましたクリプトタイムズではこの YouTube では配信ができないようなハイレベルな情報をレポートにて配信しています仮想通貨をもっと学びたい仮想通貨のことをもっと深く知りたいというような方は概要欄に URL が上がってありますのでそちらから登録してください動画を最後まで視聴していただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事