【仮想通貨】話題のIOSTはどこで買える?ビットコインの違いってなに?

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)に関するお役立ち情報、とくに海外FX業者の口座開設・入金ボーナスキャンペーンやキャッシュバック情報をまとめています。

サムドルフィン
IOSTコインは国内の取引所だとコインチェック、海外の取引所だとバイナンスで購入できます。コインチェック・バイナンスともステーキングもできます。日本語版のtwitterもありますよ。IOSTはブロックチェーンを構築するためのプラットフォームです。第三世代のパブリックブロックチェーン(第一世代はビットコイン、第2世代はイーサリアム)とも言われ、ビットコインとの違いは「処理速度が格段に速い」「独自のコンセンサスアルゴリズム」「開発しやすい設計になっている」などあります。これから爆上げする可能性を秘めているのでいま安いうちにとりあえず少しでももっておくことをおすすめします。

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【仮想通貨】話題のIOSTはどこで買える?ビットコインの違いってなに?。暗号資産女子コインキャッツの花子です今回はですね先日動画にしてほしいコインを募集したんですけれどもそこでリクエストの多かった iost という行為についてご紹介しますリクエストを頂きありがとうございました愛 OST は今年の9月に日本で初めてコインチェックで取扱いを開始したことでも話題となりました今回の動画では愛 OST の基本的な情報やまよう ST の将来性についてお話ししていきます果たして iost で億り人は目指せるのか初心者の方でもわかりやすいように簡単にお話ししていきたいと思いますのでぜひ最後までご覧くださいまず排尿 ST とはどんな行為なのでしょうか iost は2018年1月に設立された愛 OST 財団によって開発された比較的新しい暗号資産です正式には Internet of service トークンと言ってそれを略して iost と呼ばれています iost はアメリカや中国シンガポールヨーロッパ韓国そして日本にもオフィスを構えています USB にとって日本国内でのブロックチェーン開発者コミュニティづくりを進めていくことそして透視面においても日本を重要な市場として捉えていることがわかります日本語版の公式 Twitter もあるので何万種類という数はある暗号資産の中で英語が苦手という方にとっても愛 OST は比較的に馴染みやすいコインであると言えるのではないでしょうかさてそれではそんな愛 OST とは何を目的として誕生したコインなのでしょうかそれはブロックチェーンを活用したサービスを構築するためのプラットフォームであるということですプラットフォームとは何かをするための基盤となるもののことを言います例えばゲームで言うなら任天堂の SWITCH とか PS 4今は5ですかねとかそれが基盤ですゲームのソフトがあってもゲーム機本体がないとプレイできないですよねと言うようになくてはならないもの必要なものというものをプラットフォームと言います iusd はブロックチェーンを使ったさまざまなサービスが世の中に浸透していくためにそのためのサービスの基盤となることを目指していますこのブロックチーム活用したサービスのことを一般的にダックス分散型アプリケーションと呼びますが飽い ust が公開している動画の中で iost の共同創業者で CT を最高技術責任者であるテニスは ust は第3世代のパブリックブロックチェーンであると述べています第三世代っていうことで第1世代は Bitcoin 第二世代がイーサリアムそして第三世代が iost です愛 OST 1第1世代第2世代である子になった課題を解決し世の中に浸透していくものだとしています例えて言うならクレジットカードが世界中の人に使われているので同じようにそれくらいの普及率には処理スピードを持ってブロックチェーン技術が様々なサービスで活用されるとを目指していますでは次に今の俳優 ST の価格を見ていきましょうこちらはコインの時価総額ランキングが見られるコインマーケットキャップというサイトです今は0.61件ほどで推移しています時価総額は914億円でランキングは113位となっていますビットコインが約240万円イーサリアムが6万円ということを思うと1コインが1円にも満たないのですごく安く感じますよね iost の過去最高値は2018年の1月14円くらいですそこから見ると今は0.6年くらいなのでもう1/24にまでなっていますビットコインはと言うと2020年に入ってすでに最高値を更新していますイーサリアム最高値の約半分くらいまで来ていますこれはコインマーケットキャップから数字を抜粋していますでリップルが咲いたから約400円位から今40円弱で1/10くらいになっていますこれはそうなると保証するものではありませんがもしこれからこれらのコインが何最高値まで再び上がったとしたら単純にイーサリアムは2倍リップルは10倍 iost は24倍を目指せるということになるのでそういった期待値から投資の一部として考えている方もいるように思います100万円の投資が2400万年になるわけですから夢がありますよねそれでは次に iost の特徴を見ていきましょうここにはブロック中の世界基盤となるために必要な大事な あります1処理速度が速いに独自のコンセンサスアルゴリズム開発しやすい設計になっている順番に見ていきましょうまず処理速度が速いあ ust はとにかく早いですもう第3世代の強みと言いますか第2世代までの間に課題として上がってきたものは解決していくものでもあります例えば2020年時点スタジアムは一秒間に15件の処理が可能なのに対し愛 OST は1秒間でなんと8000件もの処理ができる能力を持っていますこれは理論上はということになるので実際は2000件程度とも言われていますけれどすごい早いですよねビットコインイーサリアムにはスケーラビリティ問題と言って認知度が上がって取引量が増えていくにつれて取引が混雑してしまうということがありましたそうすると何が問題かというとなかなか相手に声が届かないとか恋を送るための手数料を高く設定しなければいけないということになります例えばイーサリアムなら枚忘れんとか数十円の手数料で遅れていたものが今送ろうと思うと3000円とかで手数料がかかる場合がありますこれはイーサリアムを使う人が増えた結果取引は今度連れてしまって早く処理をしたいという場合はその文はお金で解決じゃないですけど手数料を高く設定することで相手に早く届けることができますでも誰かにお金を送るのに一々こんな高い手数料を払っていたら便器とは言いづらいですよねまあ一言で言うと授業に対して処理能力が追いついていないということになるんですけども今はこうした問題は解決するためにイーサリアムなども開発が進められています iost はこうしたことも先駆者から学んで開発されてきたものですなのでかなり高速で使い勝手の良いブロックチェーンとして様々なサービスを展開することができるようになっていますそして二つ目の特徴です独自のコンセンサスアルゴリズムを持っているこれによって高速でセキュリティの高いシステムの維持を実現していますコンセンサスアルゴリズムというのは取引承認方法のことです暗号資産の世界がよく出てくる言葉なんですけれども例えば私から誰か他の人に恋を送った時にその取引履歴を第三者に確認してもらって不正が無いかどうかっていうのも承認してもらうんですねで承認してもらって初めて相手にコインが届きますその商人の方法にはいろいろなタイプがありまして iost の場合は Bob proof of ビリーバビリティという独自の方法を採用していますビットコインイーサリアムは現在 BOW プルーフオブワークという方式を採用していますがこれがとさっき言ったように取引量が増加していくと処理に時間がかかったりということがありますよく使われている同じ送金システムと言うか決済システムであるクレジットカードありますよねこれはすぐに処理が完了しますこれは正しい取引ですというのも承認するのが会社一つで十分だからですいわゆる中央集権型と言われる形になりますが一つの所に任せているので確かに早いけれど不正な取引を承認されても分からなかったりとかもしシステムダウンをしてしまったら思うような取引ができないことがあるというデメリットがありますそれを補ったのが Bitcoin のような分散型非中央集権型と呼ばれるブロックチェーンのシステムになるのですがこの取引は正しいものであるかどうかをみんなで確認し合うようなものなので取引に時間がかかってしまいますそのぶんみんなで管理しているのでシステムがダウンすることはほぼありませんつまり処理速度を早くしようと思うと中央集権的になりますけれどセキュリティシステムの面ではちょっと弱点があるシステムを強化しようと思って分散型にすると処理速度が落ちてしまうというジレンマがあったんですねどちらかを生かせばどちらかが死んでしまうっていう処理が速さと分散型の両立っていうのは暗号資産家ブロックチェーンの課題でもありましたこの課題を解決して早いなのに分散型でシステムに強いというのがこの PV の仕組みになりますこれは本当にすごいことだと思いますこのように高い処理能力と高いセキュリティの両方を特徴として持つ iost の仕組みはこれからいかなる分野においても注目されるものだと考えられますそして三つ 開発しやすい設計になっている iost は最初にお伝えしたようにブロックチェーンを使ったサービスを構築するためのプラットフォームとなることを目指していますそのためにはいかにみんなに使ってもらうかがポイントになります例えば英語とかでもそうだと思うんですが英語が世界共通言語ですし話せたら世界が広がるんだろうなぁということはイメージできても一から勉強しなきゃいけないのかと思うとちょっと遅れじゃないですかなので卵 ust がいいらしいよと思って使いたいとしてサービスを作りたいっていう人がいても一からその作り方を学ぶ必要があったら大変ですよねということでサービス開発者プログラマーさんが iost を使ってサービスを作りやすいように JavaScript というプログラム言語で作れるというのが特徴になっていますこの JavaScript ってのがプログラマさんの多くの人が使える言語なのでブロックチェーンを使ったサービスを開発するのにとても使いやすい参入障壁が低いなのでどんどんと愛 OST を使ったブロックチェーンの活用が進んでいくという気体が高いと言えると思いますさてこのように処理能力も高くこれまでのブロック中の問題は解決し多くの人が開発しやすい設計になっているそんな特徴を持つ iost の将来性はどうなのでしょうか先ほどもお伝えしたとおりあん ust がこれからどれだけ使われていくかということがポイントになって行きます iost の方針としては今後 D 5に力を入れていくとしています by というのは今月の動画でも何度かご紹介しているんですけれども分散型金融のことを言いますブロックチェーンを使った記入サービス全般のことを指します今年2020年後の wi-fi がこれからの資産運用としての有効性を証明した年でもあると感じていますまあ簡単に言うとブロックチェーン技術を使って銀行や証券会社のようなサービスを誰もが作れて誰もが参加できるそういったものになります今ですと理解の分野というのがイーサリアムをプラットフォームとして作られたサービスが多いですよ有名なのはコンパウンドやユニスワップという若いですねコインを預けるとブロックチェーンによって自動で運用してコインを増やすことができたりコインの両替を行うなど取引所のような役割も持っていますしかし先ほどもお話ししたようにイーサリアムは iost に比べて処理速度が遅いですなので度々取引に遅延が起きたり手数料が高騰することがあります私も D 5を使ったことがあるんですけれども正直ちょっと使いえらい前頻繁には使えないなーっていう感じですしかし iusd であれば安くて速い理解を作ることができます研究分野においてこれはとっても重要なポイントですよねりの市場規模はすでに136ドル日本円にすると1.3腸炎ともなり今後益々拡大していくことが予想されますこれから伸びる分野に愛用してが使われていくということはそのぶん需要も伸びていくそして価値も高まっていく可能性が高いと思いますそしてもう一つ ist を使ってゲームを作るそういった分野にも力を入れています例えばこちらは愛 OST のブロックチェーンを基盤としたクロスリンクというゲームですプラチナエッグという日本の会社が作りましたこれはポケモン GO 知ってますからやってますかみたいに GPS で現実とゲームが一体となってなんかその辺にいるボスを倒してちょっとしたお小遣い稼ぎが出来るようですこれは App Store でもグーグルプレイでもアプリダウンロードできるんですけど口コミ見てみたら2ヶ月で1000円くらい稼げましたっていう人もいましたこのような感じで iost を使ったゲームの開発なども展開されていますこのゲームがというか ust の性能として将来的にはこちらの動画で解説しているような NFT と言ってゲーム内のアイテムなどをプレイヤー同士で売買してる稼ぐこともできるようになるので守口を利用して稼ぐということが当たり前になっていくように思います iost の処理能力の高さや開発のし易さというのはこうした金融サービスやゲームの基盤としてとっても適しているものだと思いますただまだまだ発展途上の市場でもあるのでこれから本当にこれからバイオエステを使ったブロックチェーンサービスがどれだけ開発されて普及していくかがポイントになっていきますさてそんな愛 OST ですがどこで買うことができるので NST が取引できる取引所と愛 OST を使ってどのように稼ぐことができるかを簡単にご紹介していきますまず iost は世界中で多くの取引所に上昇していますが私たち日本人が飼いやすい鳥式場となればこちらの二つになりますコインチェックとバイナンスコインチェック柄は2020年9月の8日に上場したばかりです時価総額ランキングが100程度のコインを日本の取引所が扱うのは次長な事で愛 OST への期待感が高いまたコインチェックは様々なブロックチェーンサービスにも乗り出しているのでその一つに愛 OST が含まれているのかもしれませんはいそしてバイナンスでも取引をすることができますバイナンスは世界最大級の取引所です日本のほうが買いやすい取引所はこちらの二つになりますねまた売買だけではなくてこちらの二つの取引所では連リングやステーキングなどといった iost を預けて増やすサービスを展開していますコインチェックでは年利最大5%でふやすことができますバイナンスではこれは変動するんですけれども年利が0.81%でふやすことができますコインを一度預けたらそのまま放置で資産を増やしていくことができるって良いですよね詳しくはこちらの動画でも解説しているのでご参考にしてくださいはいということで今回は日本でも期待値が高いと噂されている iost について解説してきました iost は処理能力がとっても高く魔力値なサービスを開発しやすい設計になっています今後ブロックチェーンが世の中に浸透していくことに貢献していく恋にあることは間違いないと思いますこれからは ust が普及していくことに期待するのであれば買って持っておけば将来実際に iost の値段が上がっていけば安い時に仕込んで高くなったら売るというキャピタルゲインを狙うことができます今は最高値の14円を更新してから0.6年代までとなっていてもくすぐっているコインではあると思うのでは単純に本当に単純に最高値を更新するのであればもう24倍ですから魅力的ではありますよねと言ってこともあるのでこれからも注目していきたいと思います最後にこの道動画は投資を促したり特定の恋を推奨する目的ではありませんあくまでも iost という行為について初心者の方でもわかりやすいように解説したものとなっておりますどうしようする際は一つの情報だけではなく愛 OST の公式サイトや他の所からも情報を仕入れて自己責任で行うようにしてくださいここまでご視聴いただきありがとうございました後にキャットチャンネルでは皆さんの資産形成のお役に立てるような情報を発信していきますぜひチャンネル登録よろしくお願いしますまたのご質問やリクエストは何でも受け付けておりますのでコメント欄や LINE アットまでお気軽にメッセージ頂けると嬉しいですそれではまた次回の動画でお会いしましょう

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事