【仮想通貨】また億り人続出!?ネム(XEM)⇒Symbol(シンボル/XYM)でどうなる?価格や将来性を解説!

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)に関するお役立ち情報、とくに海外FX業者の口座開設・入金ボーナスキャンペーンやキャッシュバック情報をまとめています。

サムドルフィン
ネム(XEM)がSymbol(シンボル/XYM)への大型アップデートを控えて爆上げしてますね。(2021年3月現在)ネム(XEM)の特徴とS手は「取引スピードが速い!」「すべて発行済みでマイニングがない!」「コンセンサスアルゴリズムの違い」などあります。あとネムログといったNEMで投げをする仕組みやコミュニティが活発ですね。コインチェックなどでは預けるだけで年利5%とかで増えるサービスも行っています。海外だとバイナンスでも行っていますね。

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【仮想通貨】また億り人続出!?ネム(XEM)⇒Symbol(シンボル/XYM)でどうなる?価格や将来性を解説!皆さんこんにちは暗号資産女子コインキャッツの花子です今日は暗号資産も一つ眠りついてご紹介しますねむは暗号資産の中でも根強いファンが多くコミュニティも活発に動いていますさらに今シンボルという大型アップデートを控えていることもあり高い期待をされていますこれはメモを持っていると新しく発行されるコインがもらえるちょっとお得なイベントなんですねそういうこともあって注目されています今回の動画ではねむの基本的な情報や新しいコインをもらうためにはどうしたらいいのかそして将来性についてお話しして行きますもしかしたらまた眠れおくりびとが出るかもしれません是非最後までご覧ください今回の動画はガチの根室ファンの方にとっては物足りないと感じるかもしれませんが初心者の方でもわかりやすいように簡単にお話をしていきたいと思いますのでどうかお許しくださいそれでは早速始めていきましょうレムは2015年に誕生した暗号資産ですこちら恋の時価総額などが見られるコインマーケットキャップというサイトになりますがこれを見ると2015年4月は0.04でしたで2017年の最初は0.38円これでも約10倍なので十分すごいのですがこのバブルと呼ばれる時期には最高値217円をつけるなどして動くのおくりびとを出したことでも有名ですこの動画を撮っている時点では24円で推移していますそんなねむの名前の由来ですが実はね実はコインの名前ではありませんねむはニューエコノミームーブメントの頭文字を取ったもので簡単にいうとブロックチェーンを使って新しい経済を作ろう新しいお金の流れを踏み出そうという目的を持ったプラットフォームですそのプラットフォーム上にあるコインの名前を全部言って一般的にはレムと呼ばていますプラットフォームという概念がなかなか分かりにくいと感じるかもしれませんが日本語にすると基盤とかなくてはならないものというような言い方になりますイメージで言うなら遊園地のコーヒーカップを想像してもらうといいかもしれませんコーヒーカップのアトラクションって OK ママにカップがたくさん並んでいて回るって感じですよねあのコーヒーカップ気持ち悪くなるくらい回す人いますよねうちのお父さんもそうだったんですけどまぁそれはいいとしてそのコーヒーカップの下にある円盤が基盤つまりプラットフォームということになりますそれがないとその上にあるカップ達は回らないですよねアトラクションとしての意味を成さなくなってしまいますそういう意味でなくてはならないものという風なイメージと思ってもらうといいと思いますレムは今のような一部の富裕層やお金持ちがよりお金持ちになっていく社会ではなくみんなが平等に豊かになれるような社会基盤となることを目指していますその実現のためにビットコインとはまた違った特徴を持ったコインなのでリムの特徴を見ていきましょうではねむの特徴について分かりやすいようにビットコインと比較して見てみたいと思いますその違いは大きく分けて三つあります取引スピードが速い全部は全て発行済マイニングがないコンセンサスアルゴリズムの違い順番にお話ししていきますまず取引スピードが速い通常ビットコインの処理速度は10分程度と言われていますしかしネムの場合はたったの1分で処理を行います Bitcoin の場合人気が高まって取引量が増えていくとどうしてもその件づまりを起こしてしまいますこれは交通渋滞と同じような感じで車がたくさん集中してしまうとなかなか前に進まないですよね時間がかかったりもしますしそれと同じようにビットコインもその取引量が増えていくとなかなか送信が完了しなかったりひどいときだと1日以上かかってしまう場合もありますこれは今ビットコインが抱える問題でもありますけれどねむは Bitcoin よりも10倍早く処理ができるので取引量が増えたとしても送金詰まりが起きにくいという点がありますなので決済として使うにも有効であるといわれていますちなみにこちらのねむマップというサイトでねむが決済できるお店などを調べることができますビットコインとの違いフタツメ全部忘れて発行済みマイニングはありませんビットコインは発行上限が2100万枚と決められていますこれはまだ全てが発行されたわけではなく今は約850万枚が8 残りの文についてはマイニングによって新しく発行されているところという感じですねしかしデブは既に全ての前球場熊になりますが全部発行済みですつまりメモにはマイニングによる恋の新規発行がありませんなので今後供給量が増えていくわけではないので根室需要が拡大して買う人が増えていけば比較的値段は上がりやすいということですそして三つ目コンセンサスアルゴリズムの違いはいちょっとなんか復活の呪文のような言葉が出てきましたね大丈夫です今から説明しますねコンセンサスアルゴリズムというのは取引承認方法のことですこれは暗号資産のことを勉強しているとよく出てきますし投資をする際の一つの判断材料としても使えるものなのでちょっと頭の片隅に置いておくといいと思います基本的に暗号資産は非中央集権とかぐっさんがと言われていますこれは国や組織などといった特定の管理者がいないということを表してます例えば日本円を送る時はこのように銀行を通して行うことが一般的ですよねですが暗号資産の場合はこうした仲介者はいません個人と個人が直接やり取りできるということが特徴になっていますただ直接やり取りできると言っても取引を承認してくれる人は必要なんですねなので送りてと受け手がいてて取引は承認してくれる承認者という第三者がいて取引が成立しますこうして承認作業をしてくれた報酬として新規発行コインや取引手数料をもらえるというのがマイニングですそしてこの取引承認にどのような方法をとるかというのがコンセンサスアルゴリズムですこのコンセンサスアルゴリズムはコインによって異なりますビットコインの場合は Pow プルーフオブワークというコンセンサスアルゴリズムを採用していますしかし BOW は一般的に高性能のコンピューターマイニングマシンとも呼ばれますがそういった機会が必要であったりそれを動かすための電気代管理するための場所代などといった設備投資が必要でとにかくお金がかかります昔は個人が持つような一般的なパソコンでもマイニングすることはできたんですがビットコインが有名になってマイニングでもわかるということが知られていくにつれて個人がマイニングで稼ぐには難しくなってしまいました実際に今マイニングで稼いでいるのは中国をはじめとした大手企業であったりとか国であったりとかそういう希望の人達ですそこに個人が入る隙はなさそうですよね結局お金をたくさん持っている人がも分かりやすいということになるのでこれではメモの目的にはそぐいませんそこでねむは取引承認の方式に kuow ではなく poi プルーフインポータンスという独自の方法を採用しましたこれはよりめぐのネットワークに貢献した人が報酬を受け取ることができるという方法です貢献といっても具体的にどうすればいいのでしょうか簡単に言うとどれだけねむを使っているかということですより多くの人にたくさん取引をしてもらうことがねむのネットワークを支えることになりますなのでねムをたくさん保有したり取引をしたりすることが貢献度を高めるということにつながります甲子抵抗計を高めることで取引を承認する権利を得て報酬をもらうことができますねむの場合これをマイニングではなくハーヴェストと呼びますコインを送る時にいくらから手数料が発生するのですがその手数料がハーベストの報酬となっていますハーベストはビットコインとは異なりマイニングマシンの購入など設備投資は不要なため個人でも参加しやすいのが特徴ですこのハーベストについてはもう少し後で詳しく解説しますねそれでは続いてますねむの稼ぎ方についてですね無理稼ぐ方法は主に2つあります取引をして増やすコインが増えるサービスに預けるハーヴェストに参加するコインが増えるようなサービスに預けたりハーベストに参加することでメモを使って不労所得を得ることができますでは順番にご紹介していきますねまず取引をして増やすこれは投資の基本でもある安い時に買って高い時に売るキャピタルゲインを狙う方法です長期的に上昇を期待するのであればドルコスト平均法で毎月少しずつ買うということも投手として有効だと思いますそして二つ目がコインが増えるサービスに預けるこれは例え コインチェックがそういったサービスを展開しています持っているねもうコインチェックに預けておくだけで連立最大5%でコインを見をすることができますまた海外の取引所ではマイナスがそういったサービスを展開していますねん率は変動するんですけれども数パーセントぐらいで増やすことができますこの恋を預けて増やすというサービスについてはこちらの動画で解説していますのでぜひご覧くださいまたコミックやばい夏以外にもそういったサービスを展開しているところはありますので調べて比較してみるといいかもしれませんそして三つめが先ほどご紹介したハーベストに参加するですねハーベストはねむの取引の承認をした報酬としてネームをもらう行為のことですハーベストに参加するには少し条件はありますがとっても簡単にいうと1万以上のねむおねむの精料ウォレットであるネムウォレットに入れておくだけで OK ですそうすると誰でも報酬を受け取ることができますこれはいいですよねこのようにメモを持っているだけで自分のウォレットの中でコインを増やせるというのもねむが人気の理由となっていますあとは補足的にはなりますが他にも眠を稼ぐ方法があります恵ですねとにかく根強いコミュニティ思っているんですね活動の幅が広いです例えばこのように根室グーとか眠いグラフと言ってブログ記事を書いたりとか写真をここに投稿しますここでは眠も投げ銭することができるんですなので良い生地屋に写真をアップすることで投げ銭を受け取ることができてメモを稼ぐということができます暗号資産が普及するためにはそれを広めてくれる人使ってくれる人がいることが重要ですねむはそれをしっかりと思っているので個人的には長期的に見ても強いんじゃないかなと思うっていますさてでは最後にお待ちかねねむの将来性についてです今回の動画で一番大事なのはここですねむの将来性といえばご存知の方も多いのではないでしょうか何と言っても来年2021年1月14日にシンボルという大型アップデートを控えているということですこれによって処理速度やセキュリティが向上し実用化が進むということが期待されているんです実際にこんなニュースがあります2022年に中東カタールで開催を予定する FIFA ワールドカップにおける現地のホテル建設のプロジェクトをシンボルで管理する予定となっています今後ブロックチェーンの実業家というのは進んでいくと思うのでこうした動きというのはさらに増えていくと思いますそしてもう一つシンプルで重要視されているのがこのアップデートによって新しいコインが誕生するいいことですアップデートってどういうことということでちょっと頭にして整理しながら説明していきますねまず今はねむというプラットフォームがあってそこで使われるのが全部というコインですそれがアップデートによってシンボルというプラットフォームが新しく誕生しますそしてそこで使われるコインとして xym と書いてジムというコインが誕生するんです2章アップデートと言うとそのコインが進化するというイメージを持たれると思いますということはシンプルになったらねむはなくなるのでしょうかねむはなくならないです今後はそれぞれ眠っとシンボルのプラットフォームが独自で稼働していくことになりますなので今持っている全部が急に使えなくなるということはありませんのでご安心下さいそしてこのアップデートは投資としても重要なポイントになりますというのも現在全部思っている場合はそれと同じ色のジムを受け取ることができるんです例えば全部1万枚を持っていたらジムが1万枚もらえるということですしかもこのジムはすでに上々が決まっている取引所もありますのである程度の価値はつくものだと思っていますこんないい年がありますかすごく欲しいですよねではん事務を受け取るにはどうしたらいいのかというと一つは全部を持っていることですシンボルのリリースは1月14日ですこの時にスナップショットと言ってこの辺にどのアドレスで何枚の全部を保有しているかということが記録されますその記録された枚数をもとに新しいコインが配布されますと言ったスナップショットが14日に行われるのでその時に全部は持っていれば OK ですではそれまでに全部をできるだけ安く仕入れておきたいと考えると思いますが いつ買えばいいのかこれは正直誰にも分かりませんただ過去を見ると参考になるかもしれません書こうと言ってもつい最近ですがリップルが同じような感じでリップルを持っている人に Spark トークンという新しいコインがもらえるというイベントがありましたちょっとコインマーケットキャップのリップルのチャートを見てみましょうこれはリップルのここ3ヶ月のチャートになりますそのリップルのスナップショットが12月12日だったのですがリップルの値動きを見てみるとその一か月くらい前に求人して約26円とか27円は30円以下だったものがたった10日ほどで70円台まで行きましたこれはベットコインが約3年ぶりに200万円をつけた時期でもあるのでそれに釣られた形でもあるとは思いますがそれでもスパークトークに期待して会が入ったことも考えられますそして12月12日のスナップショットまでの間は50円台から60円台ぐらいで動いていましたジグザグと動いていましたそして snapshot の12月12日を迎えるとか君と少し下がってしまった状態になってますね今はもう50円を切っています何が言いたいかと言うと今回のネームも同じようなことが起こる可能性がありますねむのスナップショットが1月14日でちょうど2ヶ月後くらいなのでそれに向けてまだ少し上がるかもしれません今後ジムが上昇する取引所が増えていけば値段も上がりやすくなる可能性がありますそしてスナップショットを迎える1月14日の直前ぐらいからも売りが入り始めて14日を過ぎると下がってくるかなと思います絶対ではありませんねむは今年に入ってすでにゆっくり2から29円くらいまで上がっていてもすごいの見てるんですよねそれにただここでお伝えしたいのは新しく誕生するジムが欲しい場合は全部思っておきましょうねということですジムを受け取るためにはオプトインと言ってジムが欲しいですということも意思表示する必要があるんですねそうすると早くて1月14日に事務を受け取ることができますただ14日に事務を受け取るには1月9日までにお布団をしなければいけないということなど細かい条件がありますそのオプトインについて知りたい方も多いと思いますなのでこえんキャットの次の動画で熱愛の画面を見せながらオプトインの手順を解説する予定でいますのでどうぞお楽しみにしていてくださいまたねむの公式サイトにもオプトインのテンションやそれに関するよくある質問などがまとまっています概要欄に URL を貼っておきますのでご参考にしてみてください入っということで今回は暗号資産ネムについてビットコインとの違いや将来性などについて解説をしてきました最後にこの動画は投資を促したり特定のコインを推奨する目的では作っておりませんあくまでも眠っという行為について初心者の方でもわかりやすいように解説をしたものをとなります登場する際は一つの情報だけではなくねむの公式サイトや他の所からも情報を仕入れて検討するようにしてくださいここまでご視聴いただきありがとうございました少しでも役に立ったよという場合はチャンネル登録よろしくお願いしますご質問やリクエストも受け付けておりますのでお気軽にコメントくださいコメントだとちょっと恥ずかしいなという言葉は LINE 音でも受け付けておりますので登録してメッセージをお願いしますそれではまた次の動画でお会いしましょう

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事