【仮想通貨】1BTCが5万ドル超え!2028年にビットコイン(BTC)の価格は1億円!?

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)に関するお役立ち情報、とくに海外FX業者の口座開設・入金ボーナスキャンペーンやキャッシュバック情報をまとめています。

サムドルフィン
1BTC=5万ドル(2021年3月現在)も突破し、どこまで上がるんだろうとバブルになってますね。ビットフライヤーやコインチェックを口座開設する人も殺到していてなかなか口座開設もできないみたいです。2017年は出川組なんて揶揄されましたが今回は藻のものかもしれないですね。なんといっても去年のpaypal参入が大きかったですね。そこからイーロンマスクのテスラが1500億円分購入するなどして爆上げしましたね。2021年末には1000ドル越え、2028年にはなんと1btc=1億円になるんじゃないかと言われています。もうビットコイン高くて買えないよーと思ってる人も多いかもしれませんがまだまだ序盤かもしれないですよ。

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【仮想通貨】1BTCが5万ドル超え!2028年にビットコイン(BTC)の価格は1億円!?動画では Bitcoin にとって時代の大きな転換点となる可能性があるビッグニュースについて解説していこうと思いますこのビッグニュースとは電子決済大手の PayPal が仮想通貨による支払いサービスを始めると発表したことそしてビットコインを巡って企業の関心がめちゃくちゃ高まっていることです10月に PayPal が仮想通貨による支払いサービスを開始すると発表すると価格は前日比+10%も上昇する場面があったんですがなぜこのニュースがビットコイン価格に大きな影響を与えたのかと言うとこれはビットコインに新たな価値が生まれたからだと僕は考えていますまたあることを懸念して企業は今ビットコインに積極的に投資をしていますそこで今回の動画では PayPal の仮想通貨市場参入で生まれた Bitcoin の新たな価値と企業が今何を懸念してビットコインに登場しているのかということについて詳しく雪していきます今回も非常にためになる有益な内容になっていますからぜひ最後までご覧くださいそれではよろしくお願いしますまず PayPal はビットコインイーサリアムビットコインキャッシュライトコインの4種類の仮想通貨による支払いサービスを数週間以内に米国で開始することそして2021年初めには世界の PayPal 加盟店2600万店以上で利用できるようにすると発表しましたペイパルのユーザーは世界に32500万人もいると言われていますからこれは仮想通貨の普及を後押しする可能性がありますちなみに32500万人という数字は米国の人口とほぼ同じで世界のおよそ24人に1人が利用している計算になります PayPal の仮想通貨サービスを簡単に説明するとユーザーは PayPal デジタルウォレットで直接仮想通貨を買ったり売ったりあるいは保有することができるドルやユーロ円といった法定通貨に交換することもできますまた法定通貨への両替手数料は無料ですそして2021年上半期にはペイパルの参加である個人間送金アプリの便もでもサービスが利用できるようになるそうですちなみに PayPal はニューヨーク州の金融当局から条件付きの認可を取得した他正規ライセンスを保有する仮想通貨サービスのパクソストラストカンパニーと提携することで仮想通貨事業への参入が可能になっていますこれで2021年上半期からペイパルに加盟している2600万もの加盟店で物やサービスを購入する際 PayPal デジタルウォレットに預けてある仮想通貨を利用することができるようになりますまた仮想通貨を保管するのは PayPal ではなくてパクソスですから PayPal のデジタルウォレットがハッキングされても仮想通貨が盗み出される心配はありませんさてこれまでビットコインはバイバイすることはできてもそれを利用する機会がほとんど限られていましたそのためビットコインは価値保存の手段としての魅力しかないと考えられていたんですか家保存の手段というのは通貨の価値が漸減してしまうことに対するヘッジになるということです例えば新興国では物価が上昇する傾向にあるわけですがこれは自国通貨の価値が下落することを意味しますそのため一部の新興国ではいくら自国通貨を稼いで頑張って貯金をしたとしても資産を形成することができないんですですから新興国の富裕層は価値を保存するために自国通貨を取る夜勤などに変えることで資産防衛をしているんですそしてなぜビットコインには価値保存の手段としての魅力があると一部で言われているのかと言うとそれは金と同じように埋蔵量に限りがあるからです具体的に説明するとビットコインはあらかじめ2100万枚と発行所げんが決められていたり将来の供給量が抑制される仕組みになっているんですね例えばビットコインはマイニング報酬が定期的に半減するようにプログラミングされているので生産効率がどんどん悪化しているんですそもそもビットコインの当初のマイニング報酬は1ブロック生成することに50ビットコインだったんですがそれが一回目の2012年の半減期に25ビットコインになりそして2回目の2016年22.5ビットコインになりさらに3回目の2020年5月には6.25ビットコインになるなど生産効率がどんどん悪化しています生産効率が悪くなっているということは生産コストが高くなっていることを意味しそれは同時に生産者がその高い生産コスト以下では滅多なことでは売ろうとは考えないことを意味しますから大きく売られにくい可能性があるんですこのようにビットコインには埋蔵量に限りがある 将来の供給量が抑制される仕組みになっていることから徒歩保存の手段としての魅力があると言われているんですただしビットコインは本当に価値保存の手段としての魅力があるのかということに対する疑問もありますそれはなぜかと言うと価格が不安定であることから必ずしも価値が保存されているとは言えないからですしかし PayPal が仮想通貨による支払いサービスを始めて世界中の人たちがビットコインで決済を始めた場合価格が安定する可能性がありますそれはなぜかと言うと通貨やコモデティは流動性が高まれば高まるほど価格が安定しやすいことで知られているからですそのため32500万人もの PayPal ユーザーが次第にビットコインで決済を始めたら価格は安定して勝ち保存の手段としての魅力が高まる可能性があるんですそして PayPal の仮想通貨市場参入で生まれた Bitcoin の新たな価値というのはまさにこのを決済の手段としての魅力でこれこそが Bitcoin にとって時代の大きな転換点になるビッグニュースだと僕は考えているんです何故これが Bitcoin にとって時代の大きな転換点になるのかと言うと流動性が高まれば価格が安定しやすくなるだけではなく利用者が増加することによって価格が上昇する可能性があるからですこれはなぜかと言うと通貨の価値はネットワークの火事によって決まるとも言われているからなんです冒頭でも説明した通り PayPal が支払いサービスを始めることで世界の PayPal 加盟店2600万店の他36人を超える利用者がビットコインを決済の手段として利用する可能性が出てきたわけですつまり決済の手段としての価値が生まれたことを意味するわけですからそれはすなわちネットワークの価値とビットコインの価値が高まると考えることができるんですこのチャートはビットコイン価格とメトカーフの法則によって導き出されたビットコインの予想価格になりますメトカーフの法則というのは Robert metcalf 博士によって考案されたネットワーク価値の測定法のことでネットワークの価値はユーザー数の二乗に比例するという法則ですこのチャートを眺めると概ねメトカーフの法則に沿ってビットコイン価格が推移していることが分かると思いますつまりネットワークの価値と通貨の価値は概ね相関関係にあるということですそしてこのメトカーフの法則に従えば将来のビットコインの予想価格はこのグラフのようになりますメトカーフの法則による推定価格は2020年末時点で10459ドルですから現在の14000ドルはやや割高感がありますしかし2021年末には2万ドルを2022年末には4万ドルを突破することが予想されているほか2028年末には100万ドルを突破することが予想されていますそのため PayPal が Bitcoin サービスに参入したということはビットコイン決済の手段としての新たな価値が生まれ利用者が大きく増加する可能性があることを意味しますから大きな転換点だと言えるわけですただしこのメトカーフの法則は必ずしもビットコインの将来の価格を保証するものではありませんしかし僕はこの法則に概ね想定する可能性が十分にあると考えているのでビットコインに投資をしていますまた僕らびっと恋に登場する理由は何もそれだけではなくて将来のインフレに対するヘッジとしても考えていますそしてこのように考えているのは何も僕だけではなくて米国の企業も将来のインフレの懸念から古いと恋に投票しています例えば10月にモバイル決済サービスのスクエアが5000万ドル TOTO のビットコインを購入したことを発表しましたちなみにこの額は同社の総資産の1%にあたる額なんですがどう者がビットコインに投資した理由は法定通貨に対する不信感が原因だそうです法定通貨に対する不信感それはつまり通貨の下落を心配しているということでインフレに対するヘッジだと言えるんですまたナスダックに上場しているマイクロストラテジーもう2020年の夏に38250ビットコインを装う4億2500万ドル文も購入したほか同社の CEO であるマイケルセーラーも個人でびっと恋に登場したことを発表していますセーラーは現在17732ビットコインを装う2億4千万ドリブンも所有していて平均取得単価は1ビットコイン当たり9882ドル含み益は約6500ドルにも上るそうですちなみにセーラーはビットコインに投資した理由 コロナ禍の中で世界先進各国が量的緩和を採用したことで法定通貨に対する不信感が高まったことを理由として挙げていますつまりセーラーモビットコインをインフレに対するヘッジの手段として投資をしているわけですさらにロンドン証券取引所に上場しているモードグローバルホールディングスが自社資産の最大10%を暗号資産で保有する方針を発表しましたこれは長期戦略の一環として投資家の資産を法定通貨の価値下落から守るためとしていますこのように企業が相次いでビットコインに関心を持っているわけですが何も法定通貨に対する不信感とそれに対するインフレヘッジが背景にありますちなみにビットコインに対する関心は企業だけではなくて米国から経済制裁を受けている国家でも高まっています例えば原油安東経済制裁により外貨不足に悩まされているイランでは仮想通貨を輸入資金として利用できるようにデジタル資産関連の法改正を検討しているそうですこれはイラン国内の登録業者は採掘したビットコインなど仮想通貨を政府に売却しなくてはならないというもので政府が買い上げたビットコインで輸入資金に充てることが想定されていますまたアルゼンチンやトルコなど一部の新興国では通貨の暴落とインフレが深刻化していることから国民の間で仮想通貨に対する需要が高まっています例えば過去10年を振り返るとアルゼンチンペソはデイドルに対して95%も大暴落していますそのためアルゼンチンの国民はペソいくら貯金しても資産を増やすことができませんから資産防衛の手段として取る夜勤に変えなければならないんですしかしアルゼンチンは法改正により今後ベイドルの購入には35%の税金が課税されるんですしたがってアルゼンチンなどの新興国では資産防衛の手段として金やビットコインがこれまで以上に注目される可能性があるんですこうしたことから僕は資産防衛の手段としてビットコインを資産の1%から3%の範囲で投資をしていますなぜ1%から3%にするのかと言うとビットコインなどの仮想通貨は未だボラティリティが高いので仮にビットコインが大暴落して半値になったとしてもポートフォリオ全体に与える影響は0.5%から1.5%程度に抑えられるので全体から見れば大きな打撃にはならないからですそして仮想通貨以外の資産がポートフォリオ全体の97%から99%を占めているわけですからそれで1%から2%のリターンを出すだけで資産額を元の大きさに戻すことができるので僕は安心してビットコインに投資をすることができるんです実を言うとこの投資法は僕のオリジナルのアイディアというわけではなくて著名投資家ビルミラーのアイデアですビルミラーは1991年以降15年連続で S & P 500指数をアウトパフォームした実績を持つ伝説の投資家ですまた資産家でマクロ投資家のポールチューダージョーンズもポートフォリオの1%から4%を目安にピリッと恋に登場する方針を明らかにしていますさらに元ヘッジファンドマネージャーで米経済番組 CNBC の名物キャスタージムクレイマーも純資産の1%をビットコインに投資をするかもしれないと明言するなど大物投資家たちがこぞってビットコインをポートフォリオに組み入れ用としているんです彼らがビットコインに投資する理由はこの中の中で世界の中央銀行が量的緩和を採用していることでインフレに対する懸念が高まっているからですですから僕も将来の備えとしてビットコインに投資をしていてこれからも長期で保有し続けるつもりですちなみに僕はビットコインに投資する際コインチェックを利用していますコインチェックはマネックスグループ傘下になったことで徹底したセキュリティ体制が構築されたので安全性の観点からも信頼できる取引所ですしサイトも使いやすいので非常におすすめですこちらにコインチェックの QR コードと概要欄の方には URL を貼っておきますので興味のある方はそちらから口座を開設してみてください口座開設ってすごく面倒くさいんですけれどもコインチェックの場合口座開設が簡素化されていて申し込みをしてから最短でその日のうちに取引を開始することができるのでめちゃくちゃ便利なんですそうしたストレスのない点もコインチェックはいいと思います今回の動画の内容まとめると PayPal の仮想通貨市場参入で生まれたビットコインの新たな価値というのは決済の手段とし 金融の世界では通貨の価値はネットワークの火事によって決まるという考え方がありますから利用者が多ければ多いほどその通貨の価値が高まる可能性があるんですそして通過やコモディティは流動性が高ければ高いほど価格が安定しやすいことで知られているので多くの PayPal ユーザーがビットコインを決済として利用すれば価格が安定するほか価値保存の手段として長期で保有する人たちも増えることで価格が中長期的に上昇する可能性があるんです実際すでにスクエアやマイクロストラテジーなど一部の企業はビットコインに長期で保有することを目的に投資をしていますそしてそれは単純に値上がり益が期待できるからというものではなくて法定通貨に対する不信感即ちインフレの平地として登場していますこれはこの中の中で世界各国の中央銀行が量的緩和を採用したことでマネーサプライが膨張しインフレの懸念が高まっているためですまたインフレに対する懸念は新興国の人々や著名投資家たちも抱いていて彼らが相次いで資産防衛の手段あるいはインフレ対策としてビットコインに注目していることを考えれば我々個人投資家もビットコインには注目しておいた方が賢明だと思いますということで今回の動画は以上になります Good luck

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事