【仮想通貨】どうしてイーロンマスク率いるテスラがビットコイン(BTC)を大量に購入したのか?

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)に関するお役立ち情報、とくに海外FX業者の口座開設・入金ボーナスキャンペーンやキャッシュバック情報をまとめています。

サムドルフィン
イーロンマスク率いるテスラがビットコイン(BTC)を大量に購入したのか。これに伴いビットコイン価格も爆上げしましたね。しかもテスラの車もビットコインで買えるようにするという。こういった動きをある意味ギャンブル的にみる評論家もいますが、未来を見据えると普及する可能性が高いということでしょう。イーロンマスクといえばtwitterでつぶやくたびに、コインが上がってますね。ドージコインとか。ビットコインは2021年に10万ドル(1000万円)、2025年には100万ドル(1億円)突破するじゃないかと予想する投資家もいます。ほんとこれから楽しみですね。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

>>>参考にしている動画

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【仮想通貨】どうしてイーロンマスク率いるテスラがビットコイン(BTC)を大量に購入したのか?イギリス家オンライン証券会社 IG 証券とのタイアップ企画で渾身の書き下ろし投資レポートを書かせていただきました大統領選挙が終わりこれからいよいよバブルソーダが始まりますこのレポートではこれから行ってくる壮大なバブル相場の中で大きく値上がりすることが期待できる12銘柄を紹介しています IG 証券の口座を新規で解説していただくなど簡単な条件を満たすことでそのレポートを読むことができますから是非読んでみてください概要欄の方にリンクを貼っておきます皆さん今日はバカでも稼げる米国株高配当投資の著者でブログバフェット太郎の秘密のポートフォリオを書いているパーフェクト太郎です今回の動画ではビットコイン価格が一時48200ドルと史上最高値を更新したことについて解説していこうと思いますビットコインは1月に一時29200ドルと直近の高値から30%も値下がりする場面がありましたががそこからわずか2週間で64%高と急騰したほか1月につけたい史上最高値42000ドルを6000ドル以上上回りましたビットコインが急騰した主な要因はイーロンマスク率いるベイ電気自動車のテスラなビットコインを15億ドル約1600円ぶん購入したことが明らかになったためです米上々企業が内部留保にビットコインを組み入れるのはナスダックに上場しているマイクロストラテジーに続いて2社目になるんですがこれから上々企業が内部留保に現金やたん記載だけではなくビットコインを組み入れる時代がやって来るかもしれませんそこで今回の動画ではなぜテスラがビットコインを購入したのかそしてビットコインの長期的な見通しについて分かりやすく解説していきます今回も非常に有益な内容になっていますからぜひ最後までご覧下さいそれではよろしくお願いしますまず手すり幅 sec に提出した資料でびっとコインを15億ドル郡購入したことを明らかにしましたテスラの2020年12月期の総資産が521ドルであることを考えると総資産の3%を Bitcoin が占めることになりますテスラがビットコインを購入した目的は資産を多様化し収益を高めるためとしていて当面の運転資金に必要としない現金の運用先について仮想通貨の他に金や金 ETF も投資対象とするとしていますまた今後は顧客がテスラ製品を購入する際にビットコインでも支払いができるようにするそうですこの報道を受けてビットコイン価格が前日比20%高と急騰したほかテスラ数も1点3%高と急伸しましたつまり株式市場ではビットコインの購入について概ね好意的に受け止められたことを意味しますさてテスラはビットコインの購入について資産を多様化し収益をやめるためと説明していますがこれはどれの価値に対して懸念を持っていると考えられるためです例えば2020年のコロナ危機以降米政府と FRB はコロナ対策を大義名分に大量のドルを民間経済に供給してきましたつまりたくさんのドル紙幣が擦られた訳なんですがその結果10年もの期待インフレ率は2.22%と2014年以来およそ7年ぶりの水準に達しましたこの10年もの期待インフレ率というのは投資家が予想する向こう十年の年平均物価上昇率のことですから多くの投資家はこれから10年間毎年2%を超えるインフレを予想しているというわけですそしてインフレとは物の値段が上がることと育った人も多いと思いますがそれは本質的な意味ではありませんインフレの本質的な意味というのはモノの値段が上がることではなくて通貨の価値が下がることなんですつまり通貨の価値が下がる結果物の値段が上がるというわけですですから向こう10年間で平均2.2%のインフレが予想されているということは通貨の価値が年平均2.2%のペースで下がることを意味しますから企業も個人も現金を現金として溜め込んでおくのではなくて現金をお子さんに変えることでインフレヘッジする必要があるんですそこでテスラが注目したのが仮想通貨です例えば仮想通貨ビットコインの発行枚数は2100万枚までと上限がありますから発行上限のない取るとは異なりインフレに強い可能性が 慣れているんですまたこれは金も同じで金がこれまでに採掘された送料は約155000トンとオリンピック公式プールの三杯文程度しかありませんし地球に埋蔵されている金もあと約54000トン程度しか残っていないんですそのため価値が下がるドルをドルのまま保有しておくよりも希少性の高い Bitcoin 夜勤に変えてインフレヘッジした方が合理的だという考え方もあるんですまたテスラは顧客がテスラ製品を購入する際にビットコインでも支払いができるようにするとしていますこれはほとんどの人がテスラ製品をわざわざビットコインで購入したいとは考えていないと思いますから特別重要なニュースとは言えませんしかしテスラにとってビットコインを普及させることは既存事業を成長させることにつながる可能性があるんです例えばテスラは電気自動車のほかに住宅用ソーラーパネルを事業の柱として育てているんですがソーラー発電については余剰電力をどうするのかということが課題になっていましたそこで余剰電力を電力会社の他にビットコインマイニング事業者に売却することができれば電力を全てお金に変えることができますすると住宅用ソーラーパネルを利用している世帯ほど経済的な恩恵を受けやすくなりますからこれまで以上にソーラー発電が注目されますし同時にテスターの住宅用ソーラーパネル事業も加速することが期待できるんですですからテスラがビットコインに対してフレンドリーなのはある意味自然だと言えますこうした中で個人投資家の中にはマイクロストラテジーに続いてテスラまでビットコインを購入したことから他の企業も追随するのではと期待している人もいると思いますが企業がビットコインを購入するようになるかどうかはまだ分かりません確かにマネーサプライの膨張によって法定通貨の価値が漸減するリスクがあるほか FRB によるゼロ金利政策が続いていることを考えれば現金を現金のまま溜め込むことにそれほどメリットはありませんから企業がビットコインを購入するようになるかもしれませんしかしマイクロストラテジーは長年業績が低迷していましたから石改正の手段として会社の命運をビットコインにかけたのはある意味それしか選択肢がなかったとも言えますしてすらに至っては Bitcoin の普及が事業の追い風になるわけですからビットコインの購入はある意味理にかなっていると言えますただ普通の上場企業にとってビットコインはリスクの高い金融商品でしかありませんし仮に暴落して価値が半値になれば株主から訴訟されかねないんですそのため他の企業が財務戦略の一環としてビットコインを購入するかどうかは正直まだわからないんですちなみにテスターはこれから購入する可能性がある仮想通貨としてビットコインに限定していませんからイーサリアムなど他の仮想通貨を購入する可能性もありますそのため今回の報道を受けてビットコイン以外の仮想通貨も軒並み急騰しましたさて今後のビットコインの見通しについてですが2021年は半減期の翌年にあたることから大きく上昇する可能性があって今年は10万ドルを突破することが一部で予想されていますこのチャートは以前も紹介しましたが F 2 F モデルで予想した将来のビットコイン価格の推移になります S 2 F モデルというのは非常に存在する量割る年間生産量で計算され金や銀などの希少性と価値を測るモデルとして利用されます例えばほとんどのコモディティは生産量の増加に伴って流通量も増加しますから価格は下落する傾向があるんですが品など希少性の高いコモディティは市場に存在する霊に対して年間の生産可能量が小さいので供給いい方によって価格が崩壊するリスクが低いんですそこでこの S 2 F モデルをビットコインに応用すると今年10万ドルを突破する可能性があるほか2025年には100万ドルを突破する可能性があるそうです実際チャートを眺めるとビットコイン価格は2013年2017年そして2021年に急騰していますがこれはその前年にあたる2012年2016年そして2020年に半減期を迎えていたからですつまり半減期によって年間生産量が減少したことで半減期の翌年に価格が急騰した可能性があるんです仮にそうであれば今年も例年同様大きく上昇するかもしれませんそこでビットコインはどのように投票すればいいのかということですが例えば僕の場合はポートフォリオの1%から3%を目安に投資を始めました個人投資家の中には値下がりする気 最初の一歩がなかなか踏み出せないという人もいると思いますがポートフォリオの1%までと決めたら気軽に投資を始めることができると思いますこうすることで仮にビットコイン価格が買値から半値になったとしてもポートフォリオ全体に与える影響は0.5%から1.5%程度で済むなど全体から見れば大きな打撃にはならないからですそのためビットコインは100倍になったら嬉しいけれど半値以下になっても生活が変わらない額で登場するといいと思いますところでこのビットコインを1%だけ保有するというアイデアは僕のオリジナルではなくて1991年以降15年連続で S & P 500指数をアウトパフォームした実績を持つ伝説の投資家ビルミラー氏のアイデアですまたは資産家でマクロ投資家のポールチューダージョーンズ下ポートフォリオの1%から4%を目安にビットコインに投資をする方針を明らかにしていますしテスラの総資産に占めるビットコインの割合も3%程度ですから概ねポートフォリオの1%以上5%未満になるように登場するのがいいんじゃないのかなという風に思いますちなみに僕はビットコインに登場する際コインチェックを利用していますコインチェックはマネックスグループの傘下になったことで安全性の面で信頼できますしサイトも使いやすいので非常にお勧めです一応こちらにコインチェックの QR コードと概要欄の方には URL を貼っておきますから興味のある方は是非チェックしてみてください口座開設ってめんどくさいなと思う人もいると思うんですけどコインチェックの場合口座開設が簡素化されていて申し込みをしてから最短でその日のうちから取引を開始することができるのでめちゃくちゃ便利なんですこうした気軽に始められるところもコインチェックはいいと思います今回の動画の内容をまとめるとビットコインが一時48000ドルをつけるなど史上最高値を更新したわけですがこれはテスラがドルの価値の漸減に懸念を抱いていることに加えてビットコインの普及によって住宅用ソーラーパネル事業との相乗効果が生まれる可能性があるためですドルの価値を巡っては FRB による量的緩和と政府による巨額の財政出動によってマネーサプライが膨張していることから価値が漸減する可能性が極めて高いですそのためテスラは財務戦略の一環として価値を保存するためにビットコインや金などに投資をしようとしているわけですまたソーラー発電をめぐってはかねてから余剰電力が課題になっていましたが余剰電力を電力会社の他にビットコインマイニング事業者に売却することができれば電力を全てを金に変えることができるようになりますすると住宅用ソーラーパネルを利用している世帯ほど経済的な恩恵を受けやすくなりますからこれまで以上にソーラー発電が注目されますしてすらの住宅用ソーラーパネル事業も追い風を受けますそのためテスラがビットコインを率先して購入して B と恋に対してフレンドリーな姿勢を世間にアピールするのは理にかなっていると言えるんです最後にビットコインの見通しについてですが今年は半減期の翌年に当たるため価格は上昇しやすく S 2 F モデルを応用すればビットコイン価格は10万ドルを突破することが予想されていますから個人投資家もインフレヘッジの手段としてビットコインとお塩を真剣に検討しても良いかもしれませんということで今回の動画は以上になりますグッドラック

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事