【仮想通貨】NFT(Non-Fungible Token)のクリプトアートってなに?

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)に関するお役立ち情報、とくに仮想通貨の最新ニュース(DeFi、NFT、DEXなど)や海外FX業者の口座開設・入金ボーナスキャンペーンやキャッシュバック情報をまとめています。

サムドルフィン
バイナンスNFTが2021年6月に開始決定したり、NHKで特集されてたりと今話題のNFT(Non-Fungible Token)ですが、そのなかでも注目の「クリプトアート」について、クリプトタイムズのYoutubeで解説動画がアップされていたので紹介します。

<総額5,000万円>500円~最大10万円分のバイナンスコイン(BNB)がもらえます!(2021年5月7日まで)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【仮想通貨】NFT(Non-Fungible Token)のクリプトアートってなに?今回の動画ではアート市場における付近に関してこちらに関して説明していきたいと思います前回もですねエレンスキンの動画に関しては説明したんですけれどもその中でもさらにあなたという分類に関して今回説明していきます私は2017年から仮想通貨の年を始めまして最近ではですね自前のプロダクトとか変なプロダクトをここ1年ぐらいで9100個以上は座ってきていますこう動画ですね仮想通貨の情報や最新のニュースなどを発信していきますので是非ともチャンネル登録をよろしくお願いいたしますそれではですね今回はアートにおける NST こちらに関して説明していきたいと思いますまずですねはい前回の NFC って何だっけっていう所をまずお話していきたいと思いますそしてあの時計のプラットホームってどんなんだっけんっていうところ市場はいつから活性化したんだっけっていうところどういう使い道があるんだっけ世界の活用大道港そして乾燥世界のプラットホーム最後に疑心暗鬼は止まらないっていうところを感じて説明していきたいと思います前回もですね紹介したこのしますなんですけど会えませんこれがあるのですね いろんな形ですねまマーケットプレイスを拡充してコートへ模索している最中中毒症になってますはいこちらも色々だけど好きなんですねメーカーズプレートとか右上の姉御言ったら怒られるとかですねなのでまこういう感じでも全然違いますして扱ってるような作品とかも全然違うのは分かると思います先ほども話した通り自由に発行できると思うんです寺に来るって言うのが最近は結構疲れてるよねっていう話なんですけれどもそれより前からあるのにオープンしてあります本当にそうですねまあ NST でも一番初めから後でブロックチェーンゲームとかいろんな役を扱ってる人であればこのオプションは絶対切っても切れないものないかなとか思っていますってここの上で窓が発行することもできますしとくの売買をすることもできますしそういうようなプラットフォームになってます後であろうがゲームだコレクタブルであろうが全部大体このオープンしていうの使ってるはずです今いろんなプロジェクトとかいろんなユーザーとかいろんなアーティストがここで自分たちの NFC 発行して奥さんにかけたりとか言ったことをしていますしたんですかって話なんですけれども実はま2018年ぐらいから17年津金クリプトキティーズっていうのがまあ生まれたよねっていう話があったと思うんですけども2018年と19年ももちろんブロックチェーンゲームやコレクタブルとかいろんなエネルギーがあったんですけども本格的にですねま活性化したのはま2020年の5月ぐらいからになりますこれ見てみると分かると思うんですけどもはいトータル USB っていう風に書いてあるんですけどそういや2 US ドルベースで売上の窯5月6月ぐらいから7月8月9月18日かけてめちゃくちゃ右肩上がりになってるか分かるかと思いますなのでも去年のですねま月ぐらいに5もあったんですけどもまあそのタイミングと同じぐらいでめちゃくちゃ取りに来てましたでも口腔内でも実は動きというのがありましておめさんという方はですねますって言うと言うんですね漫画を書いているさなんですけどもこの人がですね気を使ってみていうのをやっていましたそしてこちらですね VR のデジタルアーティストせきぐちあいみさんこの撮影のだいたい一週間前ぐらいですかね実はデジタルアート nfk としてオープンして多く紹介しましたそしてなんとですねここちょっとリアルタイムで見てたんですけれども日本で約300万円もですね落札価格というのがそういうことになってましたなのでまあ日本でもですね現在デジタルアートとかそこら辺の動きというのはかなり活発になってきていますだ事って出来たら音ってどういう使い道で額縁に入れて現実的てるわけなんでこの後でどうやって作るんですかっていうところ行きたいと思いますこの土地で販売できるようになっていますね現在見捨てるスライドはクリップと僕と言うんですけどもこれと自分で買ってそこに自分の持ってるデジタルアートを飾ることができるようなサービスで入ってるぞ雑魚って今いくらぐらいで売られてるんだっけっていうところで見ますとまこちゃんかけてある通りですねまけいこピンキリなんですけども何かで見ると13とか0.83とかで買えるようになってもこの土地を買ってそこの栃木誠デジタルアートエネルギーとかを買ったあればそこに飾ることができるようになっていますかコメントの投稿者何時ぐらいからも見てるんだっけいうところでいいますと実は metaverse ですねまあさっきの NST の人と比べてもそんなんとこ見ているわけではないんですけれども右肩上がりぐらいで堅実に成長するのかなと思います何かですか11月にこの仮想世界とですね多分とかが売られたりしてこの部分というのは非常に流通が来てのが大きくなっているんですけども多分で最高のコメディがよりはやっていくところも徐々に入ってくんないかなとプロジェクトがあるんですかっていうところなんですけれどもまあディセントラランドっていうプロジェクトと先ほど紹介したクリプトコックス the sandbox そしてソムニウムスペースというのがありますセントラランドとかサンドボックスでは結構有名かなというところで握力 あるって言うようなところもですねまここの屋根葺きガードっていうところ音切っても切れない感じになりそうですなのでまこの仮想世界メタバースの世界と NFC ってのは今後注目した方がいい分野かなとは思っておりますただもちろん不安材料というのもあります people 先日も紹介したですねピープルっていうデジタルアーティストこれが真75億円のですねデジタルアート販売しましたそしてチャコの NFC っていうのがそうですねパンプっていうこともありますこちらですね誰でも感想文ってまあそうですねマーケットプレイス松前商会支店のマーケットプレイスとかでも自分たちでですねアップロードしてことですねん by と言いますか海賊版と言うか後何て言うのかちょっと分からないんですけれどもそんなことできるわけですなのでますご注意が必要かなと本当にこのデジタルアートってどういうところに価値があるんだっけとかどういう風に使っていけばいいんだけっていうのはすごいまあ我々も含めてみんなでまあ考えていかなければいけないところかなと思っておりますはいこれ勇気があればまた話は別かなと思っていましてあと2日9日市マックスなんでこんなに流行った買っていますと実はこれを持ってるとですねまこ Changing トークンってのが実はもらうことができるんですねこのトークンというのはこの服の命名をすることができるって言うようなトークになってますこれはネットに入れておいて半年経たないとこの名前を変えるトークンというのは今日の枚数がたまらないようになっているのでこれをずっと自分たちで持っておく必要がありますそしてこのゲームチャレンジトークンを使って名前を変えるわこのデジタルアートだけではなくてデジタルアートと不安を感じるとおうくんというところのユーティリティを持たせてこちらを価値を高めているというのがありますはいなのですね今もあげた通り魔メタデータに今かと感じている時代ってのも非常にもかなり身近になってきたんじゃないですかねこの拍数とかまあ他の手間とメインのサービスとかもありますしデジタルアートとかこれ W とかいろんな分野あるんですけども本体データーにで生活を感じる時代ってのはもうかなりもう間近まで来てるのかなと思っておりますただそれもですねマコのユーティリティがあれば尚価値の上がるかもしれないですしいろんな分野で本当に注目していける分野かなとは思っておりますただまトータル的に言いますとエネルギーの購入券はしっかりと考えてから購入してみてください現在ですねま市上的にはかなりもりあがっ TAIL 四条なんですけれどもこれって前回の動画でも言った通り14と供給が揃ってはじめて価値がつくんですねこの例えば前に退院ですね明日の数が担保されてるかって言いますと別にそういうわけじゃないですなのでそこら辺はよく注意して聞いてみてください今回はですねと市場におけるの動画となりましたクリプトタイムズでは YouTube では配信できないような入れるのは情報を月に1回会レポートに手配していますエモート仮想通貨のことを知りたい画像数学勉強したいという方は概要欄に URL を貼っておきますのでそちらからでも登録してください最後までご視聴いただきありがとうございました

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事