【仮想通貨】DeFi(分散型金融)っていったいなに?DEX イールドマイニング 流動性マイニングなどについて解説

どもども、サムドルフィンです^^

投資(FX、株、仮想通貨)に関するお役立ち情報、とくに仮想通貨の最新ニュース(DeFi、NFT、DEXなど)や海外FX業者の口座開設・入金ボーナスキャンペーンやキャッシュバック情報をまとめています。

サムドルフィン
DeFi(分散型金融・ディーファイ)って最近よく聞くけど詳しく理解してる人は少ないと思います。億り人トレーダーのインベスターUさん(https://twitter.com/BTCInvesterU)がDeFiについてわかりやすくYoutubeで解説していたので紹介します。

成功率100%!?投資のプロが教える「努力ゼロ、ほったらかし」で資産10億円の作り方を無料公開中!(規定人数に達し次第即終了)

【無料プレゼント】電子書籍『FX投資マスターガイド』(図解オールカラー128ページ)※既に登録者が殺到!2万人突破!!(人数限定なのでまだの方はお早めに!)

<おすすめ仮想通貨取引所>
>>>コインチェックの口座開設はこちら
>>>BINANCE(バイナンス)の口座開設はこちら

コインチェック

↑どこの海外FX業者を使うか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【仮想通貨】DeFi(分散型金融)っていったいなに?DEX イールドマイニング 流動性マイニングなどについて解説インベスター湯です日頃動画をご覧いただきありがとうございます今回は理事会について日本一わかりやすく説明したいと思いますこの動画は wi-fi って聞いたことあるけどよくわからないと言った初心者向けの解説動画となっていますこの動画が見終わる頃には間違いなく全体像をつかめていると思います具体的にはデックスイールドファーミング流動性マイリングなど基本的事項の説明のほか分散型保険や分散型デリバティブなど細かい最近の動きも wi-fi の凄さリスクを踏まえながら説明しますので是非最後までご覧くださいなお皆さんが動画をご覧になる時これから説明する情報が更新されていたりもしかしたら誤解を招く表現を使っている可能性もあるかもしれませんがあくまで wi-fi の全体像をイメージを掴んでもらうということを重視しておりますのでその点ご容赦いただければと思いますそれでは早速説明を始めていきたいと思います wi-fi は暗号通貨を使った金融業の一種ですセントラルイーストファイナンスの頭文字を取って略したもので D 5と読みます小さいは日本語で一般的に分散型金融などと呼ばれていますこの反対語が中央集権型金融です企業が中心となりそのコントロール下で暗号通貨の取引をすることつまり今の一般的な暗号通貨取引所のことです日本だとコインチェックやビットフライヤー財布などですね皆様の周りにもある銀行も中央集権型金融に回答しますせっかく暗号通貨という画期的な仕組みがあるのに肝心の取引所が古いあり方で動いているなら暗号通貨を扱う意味がないし暗号通貨の潜在能力を全く引き出せていないと批判されることがあります Bitcoin は真ん中に管理者がいてコントロールしなくてもデータを勝手に書き換えられないというブロックチェーンの仕組みによって動いていますブロックチェーンはものすごく平たく言えば誰かが勝手に書き換えることができないデジタルデータです最新の取引履歴が世界中のたくさんのコンピューターに分散されて保存され常に更新されていますこのため解散しようとするインチキがあってもすぐに気づいて取り消すことができるのですこの点私の過去の動画でビットコインブロックチェーンについて詳しく解説している動画があるので動画の概要欄からご覧下さいそれでは wi-fi に話を戻します中央集権型金融の弱点は例えば仮想通貨取引所や銀行のコンピューターがハッキングされると資産が流出したり顧客資産が改ざんされる危険性があることですただ誰かが勝手に数字を書き換えられないブロックチェーンの技術を用いて金融の世界が動いていくなら基本的には改善されませんので安心して利用できるようになりますねつまり国の後ろ盾がなくても一つの金融機関が仕切らなくてもみんなでチェックし合いながらこれまでにない新しい通貨を発行したり安全に運営したりすることができますよねそもそもお金を発行するのだって中央銀行が行わなくてもいいんじゃないか自分たちが好きな柄を作ったっていいじゃないかこう考える人もいるかもしれません暗号通貨の画期的な点としてこの誰も管理していないという非中央集権的性質と自分たちで好きな通貨を発行できるといった民主的な性質が挙げられますそれなのに肝心の暗号通貨取引所が特定の金融機関にコントロールされる中央集権として続いていくのなら従来の国家や銀行などが起こしてきた問題をまた繰り返してしまうのではないかと疑われています特に資産の管理を出すに行っていたためにハッキングによる攻撃を受けて暗号通貨を大量に流出させてしまう事件が世界中の仮想通貨取引所で度々発生していて信頼が失われていますその不信感が生じている原因は暗号通貨取引所がどのようにお客様の資産を預かってどう管理しているのかが外から見えずブラックボックス状態になっているからですそこで国や企業に暗号通貨の世界を知らせるのはもうやめにしようと暗号通貨に理解の深い一言そう考える傾向がありますそもそも特定の会社特定の人間が金融システムを管理している暗号通貨取引所がビットコインが最初に作られた時の理念に反していますつまり誰にも管理されないことを良しとする非中央集権的な思想を持つビットコインが銀行や仮想通貨取引所といった中央 仕組みの中で管理されているということ自体がビットコインの思想と正反対なのです今回のテーマである wi-fi 分散型金融とは暗号通貨が持っている可能性を解き放ち潜在能力を最大限に引き出すため原点に帰ろうとする動きの一つですつまり特定の会社が管理しなくても参加者みんなでチェックし合いながら民主的で透明性の高い金融業をオンラインで実現させる方法それが小さいです例えば金融危機に巻き込まれていて自分の国で使われている通貨が信頼できなくなった人々などがビットコインなどの暗号通貨に期待して資産を移し替えたりする例が世界中で起きていますまた世界銀行の統計によると銀行口座を持っていない星人は全世界で17人もいるそうです日本はともかく海外では口座を持つだけでも手数料とる銀行の方が一般的だからですむしろ日本にいると理解できないと思いますが日本のように戸籍法や登記身分証明書などの仕組みがしっかりしていない発展途上国では自分の存在自体を国で証明できる術がないのですつまり誰から生まれてどこに住んでいるのかが国で証明できないので自分のアイデンティティを証明する手段がないのですこうした国では身分証がないので Facebook を利用して私はフォロワーが多いから安全な人間なんですと言った日本では考えられないような身分証明方法がまかり通っているのです当然こんな国では銀行だってどこの誰だか分からない人間に口座開設は愚かお金を貸すなどするわけがありませんこのように金融機関が一方的に設定した手数料を押し付けられる現場や自分自身を証明できない人々が金融システムにアクセスできるように解放され世界で一人でも多くの人が金融サービスの恩恵を受けられる仕組みが求められているのです by で作られるサービスは基本的にシステムの信頼性を高めるため source code つまりサービスを動かしているプログラムの本文を公開しているいわゆるオープンソースとなっていますソースコードに書かれている内容の意味はシステムエンジニアなどの専門家でなければ解読できないしょうけれどもオープンソースの体制を取ってるだけでも wi-fi は従来の暗号通貨金融業と比べてはるかに透明性の高い仕組みと言えるのですこの WiFi を世界中で実現されているのはほとんどの場合イーサリアムのスマートコントラクト日本語訳で賢い契約ですビットコインでは送金履歴といった取引履歴しかブロックチェーン上で管理できませんがイーサリアムという暗号通貨では通貨の取引履歴の他に契約情報などもブロックチェーン上に記録しておくことができますこの契約情報も当然ブロックチェーンで管理されているため誰かが勝手に書き換えることができませんではこのスマートコントラクトの仕組みに秘められている可能性をフルに活かした例なのでそれではここからが分散型金融の問題ですまずデックスについて説明いたしますの考え方に基づいてスマートフォントラクトの機能を使って作られる暗号通貨取引所レックスつまり分散型取引所と言います REX を運営している特定の企業は存在しませんエックスには管理者がいないのでそもそも金融庁に認可されている取引所なのかどうかとかそういう話ですらないのです国家が REX での仮想通貨取引を禁止しようとしても管理者がいない以上業務改善命令を発動できる対象がいないしネットワークはブロックチェーンにより自立的に動いているのでもはや止めようがありませんまたセックスではスマートコントラクトによって金融に関する手続きが自動化されていますから取引所を運営するための人件費がまるごと削減できます誰かが勝手にお客様の資産を不正に流用するリスクもありませんまた運営状況がすべての参加者に犯されていて透明化されているのも大きな特徴ですその上ブロックチェーンの力によって外部からのハッキング攻撃にも非常に強いです逆に言うと管理者がいないわけですから問い合わせ先がないということですつまり操作を間違って誤った送金先に仮想通貨を送ったりしてしまうと二度と戻ってこないというリスクはありますぜんざいレックスとして運営されている代表的な暗号通貨取引所の霊がユニスワップですユーザーとして登録するのに本人確認や年齢制限などがありません本人確認や年齢を確認する管理者がいないから必要がないのですまたイーサリアムをベースに発行されているトークンを別の総くんに交換したり他の相手との間で イーサリアムを送受信したりする取引の手続きは全て自動化されていますセックスでしか取り引きされていない仮想通貨が大手の仮想通貨取引所に常用すると値上がりが期待できるため REX でしか取引できない段階で仕込んでおくという投資戦略もあり得るかと思います次にベンディングプラットフォームについて見てみましょう暗号通貨の融資や借金を申し込める仕組みですスマートコントラクトでこれらの手続きを自動化させ取引所や銀行などが手続きに関わらない仕組みです現在3歳のレンディングプラットフォームにおいて代表的な存在がコンパウンドです一定の利息を支払うことを条件にしてコンパウンドから暗号通貨を借り入れることができます返済期日が来たらスマートコントラクトの力で元本や利息の返済が無人で自動的に行われますコンパウンドのライバル的存在として安倍というのもあります詳しくはこれから説明いたします次にイールドファーミングについて説明しますこれはレンディングプラットフォームに自分の所有する暗号資産を提供しそのスムーズな運営に貢献したことを条件に報酬を受け取る投資行動の一種ですつまり誰でも暗号通貨を融資する銀行のような立場になれるということですレンディングプラットフォームではユーザー間で直接暗号通貨の頭を行うわけでありませんかしたい人はブロックチェーン上に預けておくのですこれを暗号通貨のロックを買うと言いますそしてロックされた暗号通貨の中から借りたい人が自由に書いていきますそして借り手が支払った利息を貸してが受け取ることができるのですつまり誰もが銀行のように暗号通貨を融資して利益を上げられる仕組みがブロックチェーン上で実現できています yield ファーミング自体は結構昔からあったのですが多くの DY サービスが資産の提供者に対し新規発行のガバナンストークンをインセンティブとして付与する流動性マイニングを始めたことで咲く今再注目されています流動性マイニングの登場によっているどファーミングは数十から風船パーセントを超える異常な高さの年利はこれを apr と言いますがこちらを提供できるようになりましたこれが結果的にリバブルの発端となりました次に流動性マイニングについてさらに深掘りして説明いたします今まで述べたような wi-fi の仕組みに自分が所有する暗号通貨トークンを提供しそのすぐね頭の上に貢献することによって報酬を受け取ることです例えばレックスのユーザーが流動性プールと呼ばれるブロックチェーンの歯に自分のトークをも預けて他のユーザーの取引がスムーズに進みやすくなるなど6の上に貢献すると自動的に報酬が支払われるのでなぜならデックス錠である暗号通貨を買いたい人がいてもそのデックスで在庫が切れていればそもそも取引ができなくなってしまうからですこのため自分の保有するトークンを流動性プールに預けてそれを使って取引してもらいましょうという仕組みが必要となります流動性プールとはレックスが預かっている暗号通貨の際このようなものをイメージすると分かりやすいかもしれませんこれが連リングプラットフォームとしても活用すれば貸した暗号通貨の利息に加えて流動性マイニングの報酬もダブルで受け取れる場合があり今割がいい投資方法として昨今非常に注目を集めています次に分担型保険について説明いたします礼拝ではスマートコントラクトの力で保険の仕組みも非中央集権化自動化させることができます端的に言うと暗号通貨の世界では保険会社が不要ですその代表格がネクサスミューチャルです Nexus ミューチュアルの保険が主にカバーするのはハッキングによる金銭的な損害です加入者からの被害申請があったとき保険金を支払うべきかどうかは専用トークン nxm の所有者による投票行動によって決められますこのような新しいサービスも出てきているので今後の動向に注目したいですね次に分散型デリバティブ取引について説明いたしますデリバティブ取引とは将来の売買の権利について取引するものです例えば豊作になると過剰供給となり値下がりしやすい作物があるとしますそれでも農家が前もって来年の9月に100円で売りますという契約を購入者と事前に結んでおけば丹精込めて作った作物の値下がりリスクから守られることになります デリバティブ取引の例またビールやかき氷など定価で売り上げが下がる商品やダウンジャケットなどを担当で需要が減る商品がありますこの場合も天候デリバティブを組んでおけば異常気象が原因で売り上げが下がった時に保証金を受け取る権利が与えられるので経営者は救われますこうしたデリバティブの権利ほのぼのご自由に無理解することもできますそしてこのデリバティブ取引は wi-fi の力で暗号通貨の世界でも自動で行えるようになりました取引価格の上下変動が激しい暗号通貨をデリバティブ取引できれば将来値下がりしたとしてもリスクを避けられますまた価格や需要が変化しやすい商品を売り買いする権利をトークンつまりデジタルデータ化された権利で紐を付ければデリバティブを非中央集権化自動化できます分散型デリバティブ取引ができるデックスとして注目されているのが親戚くすですシンセティック素手は外国為替の FX 日経平均やダウ平均などのインデックス原油ゴールドなど多種多様な人の値動きと連動する独自トークン SNX を発行していますデリバティブもその選択肢のひとつですシンセティック州ではアメリカのベンチャーキャピタルから12億円の資金提供を受けており新しい経済の形として話題になっています次に分散型腹痛かつまりステーブルコインについて見てみましょう暗号通貨は値動きが激しく時折バブル相場の発生しますので早期にチャレンジしたい人たちに注目されていますしかしお金として使うという場合には値動きの激しい暗号通貨はリスクが高いので暗号通貨を使用したモノやサービスの購入をためらう人がいますせっかくビットコイン決済で商品を買ってもその後すぐにビットコイン価格が急上昇したら損をした気分になってしまいますよねそこで比較的変動の少ない米ドルは日本円などを国が発行する法定通貨の価格と常に一致するよう調整された暗号通貨もありますこれを苦痛かと言います代表的なものは今朝 usdt です相場がどうなっても常に1 M 1 usdt で交換できるよう調整されていますその調整をしているのはテザー株式会社という民間企業で社内には発行済みビザと同額の米ドルを常に準備していると説明していますしかして3社の経営実態はなかなか不透明で実は米ドルの準備金が足りていないのではないかと疑うことしか館から胎盤がいくつも起こされていることですそんな状況から企業や国が関与せず非中央集権分散型で自動的にペッグ通貨を作る動きが加速していますテーブル公園を作るための暗号通貨とそれを安定させるために法定通貨と紐付けている別の暗号通貨を関連付けて値動きの安定した暗号通貨を技術的に実現させていますステーブルコインを作ることができれば暗号通貨での買い物がもっと分かりやすく安心できるようなものになりますまた消費者は金融機関やクレジット決済業者などが設定している不透明で高額の手数料から解放されるでしょうまた Facebook 社が独自の暗号通貨発行準備しているリブラプロジェクトにも国際 stable coin DM を作る目的があります世界の歴史を見ても基軸通貨を発行している国が世界経済を支配してきましたがこうした世界の覇権を支配しようとする動きが今暗号通貨を通して行われているのです一つの企業が何も世界経済を牛耳ることができなくとも特定のコミュニティなどで独自の経済圏を仮想通貨を使って構築するトークンエコノミーの流れは今後も加速していくことと考えられますちなみにビットコインのステーブルコインはあるのかという疑問が出てくるかどもいると思いますがこれはありますラップとビットコインはイーサリアムベースのプラットフォーム上で使えるビットコインに紐付けられたステーブルコインです1 BTC =1 wbtc のレートですぐに交換できますので事実上ビットコインと同じような使いで wi-fi のサービスを受けられますこのように少し前までは考えられなかったことが起こっており急速に進歩している分野です次に招いレゴについて説明します関連の分散型アプリはオープンソースのプログラムで組まれていると先ほど説明いたしましたつまりプログラミングに詳しい人ならまるでレゴブロックで車やお城を作るようなの 既にあるプログラムの部品をいくつか組み合わせて新しい分散型金融アプリを開発し公開することができるので要するに色々な分散型金融の仕組みを組み合わせて全く新しい分散型金融の仕組みを構築できるということですマネレコが可能な wi-fi で代表的な存在がインスタタップです設定次第で他社も含めた様々な wi-fi サービスをインスタでアップのアプリ一つから利用できます先ほどレンディングプラットフォームとしてコンパウンドと阿部が競合関係にあると説明しましたこれらはそれぞれ利息の利率が異なったりします皆さんもどうせ貸し出すなら利息の高い方で貸出したいと思いますよねでも調べるのは面倒くさくないですかインスタタップの提供する機能インスタブリッジを使えば両者の貸付利息の利率を比較してより利息の高い方に貸し出すつまりイールドファーミングすることが可能です以上のように今後インスタタップを通して今では考えもしない新しい分散型金融の仕組みが登場してくるかもしれません最後に wi-fi のデメリットについて説明いたします様々な明るい未来を開けそうな気配ですが注意すべき点もあります by には様々なメリットがある反面次のようなデメリットリスクもありますまず最初のリスクとして問題があった時は自己責任ということが挙げられますうん3型取引所であるデックス上の取引では暗号通貨取引所なのが提供するようなたとえばコインチェック事件では取引所へのハッキングによって約580億円ものねむが流出しましたがコインチェック社が自社資産を叩いて全額を補償しました REX がハッキング被害を受けるリスクは低いものの今までの常識では測れない新しいハッキング手口が使われるかもしれずリスクが完全にゼロとは言い切れませんアリミデックスがハッキングを受けたり誤った操作を行って資産が消えてしまったとしても管理者がいないので問い合わせ先がありませんし返金を依頼すること自体ができません次にあげられることとして操作が難しいということが挙げられます2021年現在主要な DY プラットフォームを利用するには暗号通貨イーサリアムとそれを補完するウォレットの準備は操作が必要です暗号通貨の世界に慣れていない初心者にとっては PFI のユーザーとして参加するまでのハードルがかなり高いかもしれません2021年2月にはイーサリアム送金手数料が一回につき平均で20ドルを超えました総金額にかかわらず手数料は一定ですので900円ぶんのイーサリアムを送るだけでも2000円以上の手数料が取られる計算ですこれは wi-fi が世界的に注目されてイーサリアムが盛んに売買されマイニングコストも低い上がっていることが要因ですこのイーサリアムの手数料高騰問題を技術的に解決しなければこれからも手数料がさらに上がっていき wi-fi も使いにくいものになっていくでしょう以上いかがでしたでしょうか by の全体像を理解することができましたでしょうか海の世界は今後とも進化が一層加速していくことと思いますのでぜひ今回の動画で得た知識を踏まえて情報っていただければ幸いです今のところは先ほど申し上げたレンディングや流動性マイニングの話はすごい簡単に儲かる世界なっておりかなりオイシイ状況になっています操作方法が難しい印象やリスクの高さから一部の人たちが美味しい思いをしている状況となっていますまたおいしい話上に参入者が入ってこないよネットの記事には書かれないような情報もたくさんありますぶっちゃけ頭を使えば分かると言った本当に美味しい儲け方というのも存在しますこの前色々調べて自分で考えてみると思わの美味しい稼ぎ方を思いつくかもしれません是非 wi-fi の世界に足を踏み入れてみましょう今回の動画がよかったなぁと思う方はチャンネル登録高評価を是非宜しくお願い致します動画の概要欄にも色々な情報を載せているのでご確認いただければ幸いです

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事